お金を借りる

友達にお金を借りる前に知っておきたい3つのこと

最近では学生でも、お金が必要になるケースも多いです。

そんな時にいつもお金に余裕がある人ばかりではありません。

しかし学生では、お金を借りられる先に限界があるでしょう。

気軽に借りられる先としては友達がありますが、お金を借りるというのはトラブルの元でもあります。

ですのでお金を借りる前に、知っておきたいことをまとめていきます。

学生でお金を借りるにはどんな方法がある?

では最初に確認をしておきましょう。

学生でお金を借りるにはどんな方法があるのでしょうか。

基本的に学生の身分であるため、お金を借りるのは難しいです

特に20歳未満はどの金融機関でもお金を貸してくれません

その理由を端的にお伝えすると法律によって、未成年の場合は借金がチャラになるからです。

つまり貸したお金を返さなくてもいいというリスクがあるため、基本的に金融機関は未成年にお金を貸すことはありません。

そのため大学生という身分であっても、借りられる先は自然と限られてくるのです。

では学生がお金に困った時に、借りる方法はどんなものがあるのでしょうか。

ものを売る

1つは自分の持っているものを売る、という方法があります。

厳密にはお金を借りるのではありません。

最近では携帯電話のアプリなどを使った個人間のオークションで、気軽にものを売ることができます。

多少の手数料などがかかりますので、ある程度の額で売る必要はありますが、うまくすれば不足しているお金を稼げるでしょう

ただしいつでも売れるとは限りません。

また自分が予想していたよりも値段がつかないケースもあります。

オークションなどを使わずに、友人にものを売るなどの方法も考えられるでしょうが、高く売るのは難しいでしょう。

お金を借りるのではないため、最も気軽な方法かもしれません。

しかし自分の希望額を満たさない場合や、直ぐに売れるわけではないなどのデメリットがあるのも覚えておいてください。

親に相談する

次に考えられるのが親に相談してみる方法です。

このケースだと理由によっては、借りられるケースが多いでしょう。

例えば学費の足しにした、資格や免許を取る費用が欲しいなどのような場合です。

しかし反面で遊びに行くのにお金がない、友達と旅行に行きたいけれどお金がないなどの理由だと借りにくいでしょう。

そもそも自分の楽しみのために、親にお金を貸して欲しいとは相談できないと考える人も多いはずです。

ですので理由しだいではお金を借りられる可能性が高いですが、使い道は限られてしまうと言っていいでしょう。

いわば金融機関でいうところの、ローンのような存在です。

カーローンや住宅ローンなどのように、使い道が決まっているお金が借りられるというケースになります。

中には嘘をついて借りるという人もいるかもしれませんが、後々になってトラブルになる可能性も少なくありません。

そのため嘘をついてまで、親に借りるのはNGだと言えます

親御さんの経済力にもよりますが、友達よりもまとまったお金を借りるのには向いているかもしれません。

しかし親御さんとの関係が良好でない可能性もありますし、価値観次第ではさらに借りるのが困難になるでしょう。

学生ローンの審査について

学生でもお金を借りられる金融機関があります。

大きくは2つあり、1つは消費者金融でもう1つは学生ローンです。

消費者金融に申込をするのは抵抗があるという人も多いため、学生ローンについて紹介しましょう。

学生ローンはアルバイトをしている人を対象とした、フリーローンに近いものです。

必要な額を申請し、審査に通ると希望額の借入ができます。

追加で融資が必要な時は、再度申請をして審査を受けないといけません。

大手の消費者金融よりもわずかではありますが、金利が低くなっているケースが多く、最低返済額が低いのも特徴でしょう。

学生でも借りやすいのですが、基本的に定期的な収入を得ている人しか利用できません。

アルバイトでも家庭教師や飲食店での仕事のように、定期的に仕事があって1ヶ月の収入が安定しているようなケースです。

アルバイトをしていても、日雇いの単発しかしていない人ですと借りるのが難しくなります。

また先にもお伝えしたように、学生ローンであっても20歳以上でないと借りられません。

未成年の人は利用できないので、この点は把握しておいてください。

学生が友達からお金を借りるときに気をつけること

ここまで紹介したように、なかなか学生の身分ではお金を借りるのは難しいです。

そのため最も気軽にお金を借りられるのは、友達からという結論になってきます。

ただ友達からお金を借りる時には、十分に注意しなくてはいけません。

軽いのりで借りることもできますが、返済はきっちりとしないと逆にトラブルに発展するからです。

では友達からお金を借りるときに気をつけることについて、しっかりと確認していきましょう。

どうすれば友達から借入できるか

最初に確認しておきたいのが、どうすれば友達から借金ができるのかです。

お金を貸して欲しいという意思を伝えなくてはいけないのですが、どう伝えるのかが問題になります。

適当な態度で行ってしまうと、借りられるものも借りられなくなってしまうでしょう。

そこで友達からお金を借りるためには、どういう方法をとれば効果的なのかを確認しておきます。

原則としては無駄遣いをした結果ではなく、外部要因によって資金が不足したとするのが無難です

例えば地元で冠婚葬祭があるけれど、お金が足りないなどのようなケースです。

さらにもう少し具体的に見ていきましょう。

直接会って話すこと

最初に気をつけたいのが、通話アプリなどを使って頼むのではなく、直接会って話すことが大切です。

ふだんの友達同士の会話であれば、通話アプリを利用する人も多いでしょう。

しかしお金を借りるというのは、大事なことです。

そのため通話アプリを使って頼むのではなく、直接会って話すことが大切だと言えます。

それが相手に対する礼儀でもありますので、きちんと会って話をするようにしましょう。

会う場所は別にどこでも構いません。

相手の家でもいいですし、ファミリーレストランや喫茶店などでもいいです。

ただ騒がしい時間帯ではなく、落ちついて話ができる時間帯で頼むようにするといいでしょう。

対面して話すというのは、とても大事なことです。

返済のことまで先に話す

友達にお金を貸して欲しいと依頼をする時に覚えておきたいのが、返済のことも含めて先に話してしまうということです。

友達という関係性に甘えてしまって、ゆるくお金を借りたいという人もいるかもしれません。

しかしそうしたなれ合いでお金を借りるのは良くありません。

大切な友達であるのなら、きちんと理由も含めて話をしましょう

この時にいくら借りたいのか、返済はどうするのかもきちんと考えておきます。

特に返済は一括してのものなのか、それとも分割で支払いをするのか、この点を先ずは決めてください

そして返済の時期はいつになるのか、分割であれば毎月何日には支払いをすることまで伝えてください。

きっちりとルールを作れば作るほど、貸し手側に安心感を与えることができます。

友達だからと適当にお金を貸して欲しいと言われるよりも、きちんと返済のことまで考えて話すのでは、気持ちの見え方が違うからです。

学生の身分であれば数千円程度の貸し借りで、そこまでする必要はないかもしれません。

しかし1万円単位でお金を借りたいのなら、きっちりとしておく必要があるのです。

好意に甘えない

またお金を貸して欲しいと頼んだ時に、友達からはそこまでしなくてもいいよ、と言われるかもしれません。

確かにお金を借りるのに返済日や返済期限などを区切っていると、堅苦しく感じてしまう可能性も高いです。

ですがお金の貸し借りというのは、大人の世界であってもトラブルになる事柄です。

時にはお金の貸し借りから事件に発展するような例もあるため、できるだけ明確にしておく必要があります。

これは相手を信じていないという話ではなく、自分にとっても相手にとってもプラスになることです。

ですので相手がいくら借り手のことを信用してくれて、適当でいいよと言ってくれても甘えてはいけません。

大事な関係性を守りたいからこそ、お金の貸し借りについては好意に甘えるのではなく、お互いに納得できるルール作りが必要です。

学生が友達からお金を借りるときの頼み方

友達からお金を借りるときに注意したいのが、頼み方でしょう。

学生だからと適当な頼み方をしてしまう人もいますが、それは信頼関係を失ってしまうだけです。

逆に考えて自分が友達にお金を貸して欲しいと言われたとき、どのような頼み方であれば納得ができるのかを考えてみてください。

友達にお金を借りると頼むのは、恥ずかしい気持ちや照れなどもあるかもしれません。

ですがそうした気持ちから安易に逃げるのではなく、きちんと頼むことが大切になります。

お金を借りるのに適した言葉

ではお金を借りるのに適した言葉とはどんなものでしょうか。

やはり最初に考えたいのは、誠意をもって話すということです。

数百円や千円、二千円を借りるというのなら話は違いますが、やはりある程度のお金を借りるのなら、誠意を見せることが必要となります。

嘘をつかずに、なぜお金を貸してもらう必要があるのか、この点をしっかりと話してください。

さらに詳しい話を聞いてもらえるのなら、返済の方法や返済期限などを説明しましょう。

友達からお金を借りるときのNG理由4つ

では友達からお金を借りるときにNGとなる理由を紹介します。

最も良くないのが、ギャンブルをするお金が足りないから貸して欲しいというものでしょう。

ギャンブルに勝てばいいかもしれませんが、必ず勝てるという保証はありません。

むしろどちらかと言えば、貸したお金がなくなる可能性が高いわけで、そんなことに友達を巻き込むのかと軽蔑されるでしょう

次にダメな理由は遊興費に使うためです。

ギャンブルと近いものですが、遊ぶお金が足りないから貸して欲しいと言われても、素直に肯ける人はいません。

他にも彼女とデートをしたいけれど、お金がないから貸してというのもNGな理由でしょう。

最近だとアプリに課金をしすぎて生活費が足りないなども、ありがちな話ですがNGだと考えてください。

まとめると自分に理由があって、お金が足りないから貸して欲しいというのは話さない方がいいです。

そんな理由でお金を貸して欲しいと頼んだ場合、友達関係がなくなることも考慮してください。

学生の貸借りでも借用書は必要?

学生のお金の貸し借りにおいて借用書は必要でしょうか。

貸し借りする額にもよるでしょうが、そこまでは必要ないと考える人も少なくありません。

友達同士なのだから信頼してお金を貸すということも多いでしょうが、やはり後々のことを考えると借用書は作っておくべきです。

大げさに感じるかもしれませんが、借用書があることで後にトラブルが起こった時にも解決しやすくなります。

そのため借用書はしっかりと作っておきましょう。

もちろん借り手側の方が用意しておくと、貸し手になる友達に対して本気なのだという意思を見せられます。

こうした意思を見せることも、友達からお金を借りる時には大切だと言えるでしょう。

借用書の作り方

では借用書なのですが、どう作ればいいのかを解説します。

基本的に借用書には決まった書式はありません

ただ記述する内容がありますので、そえをしっかり押さえてください。

借用書に使う紙そのものは大学ノートでも大丈夫です

タイトルを借用書として、作成した年月日を入れます。

次に貸し手となる友達に名前と、いつ、いくらの額を貸してくれたのかを明記していきましょう。

日付と金額、貸し手の名前、借り手の名前は必要です。

この次に返済期限を書き、返済方法、利息などを書きます。

最後に借り手の住所、氏名、を記入して印鑑を押してください。

三文判でもいいですが、実印を用意しきましょう。

この内容を明記しておくと、借用書として成立します。

ポイントとしてはできるだけ詳しく書くということです。

例えば返済方法ですが、返済の開始はいつになるのかから始まって、返済は一括で行うのか、分割なのかも明記しておきます。

またお金の受け渡しは現金なのか、口座振込なのかも記載しましょう。

おすすめしたいのは口座振込です。

口座振込であれば記録に残るため、しっかりと返済をしたという証拠を残せます

振込手数料はかかりますが、それは借り手が負担してください。

ちなみに金利については設定が自由です。

学生間の貸し借りであれば、金利をなしにてもいいかもしれません

ただそれは借り手が決めるのではなく、貸し手が決めることです。

友達からお金を借りるときの3つの注意点

友達からお金を借りるのなら、いくつか注意しておくポイントがあります。

上限はいくらなのか、利息はあるのか、利息はなしとしても別のことで返すようにするの3点です

お金を借りるのですから最低限のマナーとして、この3つについてはしっかりと頭に入れておいてください。

特に難しいことでもないのですが、特に利息には注意をしておきましょう。

友達から借りるなら上限はいくらまで?

では友達からお金を借りるとして、上限はいくらでしょうか。

この点が気になるという人も多いはずです。

当然ですが、頼むことになる友人の経済状況に大きく左右されます。

ただやはり返済を必ず行うことを前提とするため、少額にしておくのが重要でしょう。

基本的には数万円程度、多くなっても10万円以下の額を1つの目安にしておくといいです。

それ以上の額になると、返済に対する不安もあるはずですし、そもそも貸す方の友達も資金に余裕がないかもしれません。

ですので不安ならば、上限を先に聞いてもいいでしょう。

もし貸してくれるとなっても、自分の希望額より低い額かもしれません。

その時は他の友達からも借りるなどで対応するといいです。

友達からのお金を借りて利息は取られる?

友達からお金を借りた時に気になるのが利息です。

一般的に金融機関からお金を借りると金利が発生するため、返済をする時には利息を支払わないといけません。

しかし友達同士であれば、利息を取るというケースは少ないでしょう。

そのため基本的に利息はゼロであると考えていいです。

それでは気がすまないという人は、返済をする時に色をつけて返すということをしてもいいでしょう。

ただこうした金利については、借用書に明記しておく方がいいです。

どういう形で落ちつくにしても、書面にして残しておくと後々のトラブルになる可能性が減ります。

原則として必ず利息を取る必要はありませんので、その点は話し合いの中で決めた方がいいでしょう。

ですが1つ覚えておきたいのは、先にもお伝えしたように金利の設定は借り手がするのがではなく、貸し手が行うものです。

ちなみに利息制限法というものがあり、10万円未満の額ですと年利にして20%が上限となります。

この上限を超えた設定はできないですが、消費者金融などを目安にすると18%です。

ただ親や友達などから借りる場合の目安としては、1%から5%程度だと考えて良いでしょう。

友達から利息は取りたくないという人もいるでしょうが、その場合、利息はゼロでも別なもので返すことが大切です。

金利は0でも別の形で返す

先にもお伝えしたように、基本的に学生同士のお金の貸し借りにおいて利息は発生しません。

しかし例え利息はゼロでいいと言われたとしても、何らかの形で返した方がいいでしょう。

その理由はシンプルで、貸し借りをなしにしておく方がいいからです。

お金を返すついでに食事をおごる、食事をおごるほどの余裕がないのなら飲み物の1つでもつけておきましょう。

言葉だけではなく、感謝の気持ちを表すことができるからです。

利息を取るほどではなくても、飲み物や食事をおごってもらうくらいであれば、特に気にするような内容でもありません。

お互いに良好な関係を続けていくのであれば、ちょっとした気遣いをすることが大切です。

その1つになるのが、何かしら別の形で返すというものです。

お金が厳しいのならもっと別の形でも構いません。

借りた友人からの頼みは断らない、という程度でもいいでしょう。

とにかく自分の気持ちをしっかりと表すことが大切です。

友達にとっても大事なお金を貸してくれたのですから、感謝の気持ちを表すことは何も悪いことではありません。

借りた後に後悔しないためには

友達からお金を借りるまでは、うまくいったとしましょう。

しかし返済をする段になって後悔するケースがあります。

その代表的な例が、返済ができなくなるというものです。

例えば3万円を借りて、1ヶ月後に一括で全額返済すると約束したとしましょう。

ですが何らかの事情があって、返済ができなくなったとします。

この時にどういう対応をするかで、後悔することになるのです。

最もしてはいけないのが、軽いのりで返済ができなくなったと当日にいうことです。

こういう反応をしてしまうと、その友達からは二度とお金を借りられなくなるでしょう。

さらには友達という関係性についても、壊れてしまう可能性が高くなります。

そこでお金を借りた後で後悔しないポイントを紹介します。

返済日は絶対守る

既に軽く触れましたが、やはり注意したいのが返済日を守ることです。

友達同士で仲が良ければ、別に1日や2日くらい遅れてもいいのではと思う人もいるかもしれません。

しかしお金のことについては、しっかりと約束を守ってください。

些細なことだと考えていても、実は相手にすれば関係性を考えて、大事なお金を貸してくれたのかもしれません。

ですのでいつまでに返済をすると約束をしたのなら、それは絶対に破らないようにしましょう。

仮に相手がお金を持っていたとしても、約束を破っていい理由にはなりません。

友達という関係性がなくなるだけではなく、もっと大きなトラブルに発展する可能性もあるためです

仮に返済日に遅れそうであれば、前もって事情を話してください。

そして何日延ばして欲しいのかを伝えて、必ず了解をもらいましょう。

できればこの時に問題のない範囲で、一部返済をする方がいいです

返済ができないのならお金に困っているかもしれませんが、相手にだって事情がある可能性があります。

そのため少ない額だとしても、一部だけは返済しておきましょう。

この時に1つ守って欲しいのは、絶対に嘘をつかないことです。

バレないだろうと思っていても、嘘をついた場合はどこかでバレるかもしれません。

ですので関係性が大事なのであれば、絶対に嘘をつかないようにしてください。

そして返済日を延ばしてもらったのなら、今度はその返済日に遅れてはいけません

 まとめ

学生が友達にお金を借りる方法でした。

学生という身分では仮にアルバイトをしていたとしても、お金を借りられる先は限られています。

そのため少額を気軽に借りるのなら、友達という選択肢も悪くありません

ですが友達だからといって、その関係性から気軽にすませてしまってはいけないのが、お金の貸し借りです。

借りるときだけではなく、きちんと誠意を見せて返済をしなければ友達をなくしてしまいます。

そのためにも学生であっても、できれば借用書などを作ってきちんと貸し借りをはっきりさせておきましょう。

今後も友人関係を継続していくためには、親しき仲にも礼儀ありということで、きちんと線引きをすべき部分はしておくべきです。

友人同士なのだからと借り手側が甘えることは、しないようにすべきでしょう。