お金を借りる

主婦がイオン銀行でお金を借りるべき理由とは!? 3大カードローン比較と審査解説で徹底検証!!

火曜市で有名なイオンは節約を心がける主婦の強い味方であり、イオン系列の店舗では気軽に立ち寄れるイオン銀行も設置されています。

もちろんイオン銀行は主婦の生活サポートに力を入れていますし、イオン銀行カードローンなら収入が全くない主婦でも申し込みを行えます。

3大カードローンとの比較や具体的な申し込み方法などを踏まえつつ、主婦がイオン銀行でお金を借りるべき理由を確かめてみましょう。

イオン銀行は主婦がお金を借りるのに有効?

消費者金融のカードローンには貸金業法の総量規制が適用されますので、消費者金融は貸付額が年収の3分の1までに制限されています。

自分自身で安定収入を得ていない主婦ならば、消費者金融のカードローンでお金を借りられる見込みはありません。

その一方で、貸金業法ではなく銀行法が適用されるイオン銀行においては、こうした総量規制の影響を受けない特徴が備わっています。

自主規制といった形で総量規制に従う銀行は増加していますが、イオン銀行カードローンは引き続き主婦の申し込みを否定していません。

ママ友との付き合いや旅行にお金がかかる場合のほか、月に5万円ほど借りたい場合などにはイオン銀行カードローンを役立てられるでしょう。

人間関係がつらくてパートを辞めたい主婦や、イオン銀行の口座を既に保有している主婦にもイオン銀行カードローンをおすすめできます。

なお、イオン銀行カードローンの申込時に配偶者の同意書は不要ですが、主婦の利用限度額は最大50万円に限られているので注意してください。

主婦がイオン銀行カードローンに申し込むのなら、配偶者が継続的に安定した収入を得ていることも必須条件としてあげられています。

3大カードローンを3つの視点から比較

三井住友銀行カードローンと三菱UFJ銀行カードローンのほか、イオン銀行カードローンは3大カードローンに数えられています

イオン銀行でお金を借りる方法が主婦に適している理由を確認するためにも、3大カードローンを見極めておく手順は欠かせません。

総じて3大カードローンは異なる特長を持ちますが、カードローンの基本的な条件などにはどのような違いがあるのでしょうか?

審査の厳しさや郵送物の有無に加えて、審査スピードといった3つの視点から3大カードローンを比較してみましょう。

審査の厳しさ

前提として上限金利の設定が低い3大カードローンは、一般的な大手消費者金融と比べて審査が厳しいことで知られています。

過去に銀行は利用者に対して過剰融資を繰り返した経緯もありますし、銀行カードローンの審査はより厳格化が進んでいるところです。

自主規制で総量規制を取り入れる銀行が増えているうえに、審査では警察庁のデータベースと照合する手続きも運用されています。

信用情報機関に事故情報が登録されている場合には、銀行と消費者金融のどちらであっても審査落ちにつながります。

3大カードローンがどれほど人気を集めていても、全ての申込者が3大カードローンの審査を通れるわけではありません。

三井住友銀行カードローンの主な申込条件は、継続的な安定収入を得ている満20歳以上69歳以下の方になっています。

申込者本人の安定収入が必須ですから、安定収入の無い主婦は三井住友銀行カードローンを申し込めません。

対して、三菱UFJ銀行カードローンにおけるバンクイックの主要な申込条件は、原則安定収入を得ている満20歳以上65歳未満の方です。

以前のバンクイックは専業主婦にも対応していましたが、既に安定収入の無い主婦は審査対象外へと変更されています。

三井住友銀行カードローンのバンクイックで主婦がお金を借りたいときには、パートやアルバイトで安定収入を得る方法が向いています。

イオン銀行カードローンの申込条件は、継続的な安定収入を得ている満20歳以上65歳未満の方です。

安定収入の無い主婦が申し込める特徴を備えているのは、3大カードローンに限るとイオン銀行カードローンしか残っていません。

郵送物の有無

主婦が夫に隠しながらお金を借りたいのなら、郵送物の有無は3大カードローンの重要な判断基準に当てはまります。

3大カードローンでお金を借りる場合には、契約時や利用時などに自宅へ郵送物が届いてしまうのでしょうか?

三井住友銀行カードローンの郵送物に利用明細は存在せず、手続きをした場合に限って3か月ごとの取引明細が届きます。

利用明細が届く心配こそありませんが、三井住友銀行カードローンの審査に通った場合にはローンカードが自宅に郵送されます。

このようなローンカードの郵送を避けたいのであれば、ローン契約機を利用してローンカードを受け取りましょう。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックでは、申込方法や契約方法に応じて郵送物の有無が切り替わります。

ネット申し込みもしくはテレビ窓口申し込みを利用し、テレビ窓口でローンカードを受け取る手順によって郵送物の送付を避けられます

とはいえ、テレビ窓口でバンクイックのローンカードを受け取るためには、運転免許証の提示が絶対条件なので気をつけてください。

バンクイックは利用明細を自宅や勤務先に送付しませんが、運転免許証を持っていない場合にはローンカードが送付される結果となります。

イオン銀行カードローンでは、佐川急便の受取人確認サポートを使ってローンカードが送られてきます。

利用明細はほかの3大カードローンと同様に送付されませんが、ローンカードの送付を避ける方法はありません。

受取人確認サポートでローンカードを受け取る際には、運転免許証やマイナンバーカードなどの提示も求められます

さらにイオン受付カウンターで申し込んだ場合や、離島など一部地域においては日本郵便の簡易書留郵便で届くケースがあり得ます。

イオン銀行カードローンを申し込む場合には、ローンカードの送付に備えておきましょう。

 審査スピード

大手消費者金融では、最短30分でカードローンの審査が完了するほど、個人向け融資における審査の自社ノウハウを蓄積しています。

同じように即日融資を実現できる銀行も見られましたが、2018年1月に申込者の情報を警察庁のデータベースと照合する手続きが開始されました。

照合手続きは最短でも翌営業日にならないと終わりませんから、手続きの都合上、銀行カードローンは即日融資を見込めません

3大カードローンであっても、即日融資は実現できませんので、急な出費に対応したい場合には消費者金融での借り入れが代表的な選択肢になります。

三井住友銀行カードローンの審査は最短2営業日かかり、バンクイックやイオン銀行カードローンも変わらず審査に最短2営業日を要します

3大カードローンの審査時間は1週間以上かかるケースもありますし、最短2営業日といった審査スピードは期待し過ぎないほうが良いかもしれません。

 イオン銀行カードローンのメリット

専業主婦(夫)や自営業者のほか、パートやアルバイトでも借入可能なことが、イオン銀行カードローンの代表的なメリットです

事業性資金以外なら資金使途が自由なうえに、上限金利の設定が低いメリットもイオン銀行カードローンは兼ね備えています。

専業主婦(夫)の申し込みでは借入限度額50万円になっていますが、こうした借入限度額は一般的な銀行カードローンの基準を上回っています。

銀行カードローンが利用対象者として専業主婦(夫)を含む場合には、その借入限度額は50万円ではなく一律30万円に相当します。

借入限度額50万円のイオン銀行カードローンは、専業主婦(夫)にとって利便性が高いカードローンといえるでしょう。

急な冠婚葬祭や旅行の誘いに対する備えを確保しておきたいのであれば、イオン銀行カードローンの活用が選択肢のひとつです。

また、イオン銀行口座を持っている場合には初回振込融資を希望可能であり、イオン銀行カードローンには自動融資機能を付けられる特長もあります。

もちろんイオン銀行の口座開設無しでもイオン銀行カードローンを申し込めますし、イオン銀行ATMと提携ATMの利用手数料は無料です。

イオン銀行カードローンのデメリット

イオン銀行カードローンは年齢や安定収入の有無にかかわらず、学生の利用を受け付けていません。

安定収入のある学生には、イオン銀行カードローンではなく大手消費者金融のカードローンや学生ローンが適しています。

大手消費者金融は無利息期間を設けていたりしますが、イオン銀行カードローンには無利息期間もありません。

初回利用時に短期間で完済を見込めるときには、無利息期間を活用できる大手消費者金融のほうがお得になるでしょう。

このほか、審査に最短2営業日かかることや、自宅や勤務先に在籍確認の電話連絡が行われることもイオン銀行カードローンのデメリットです。

審査を通った場合にはローンカードが最短5日ほどで届き、ローンカードの配達には佐川急便の受取人確認サポートが使われます。

イオン銀行カードローンは郵送物を避けられないカードローンですから、家族に借り入れを隠したいなら注意しなければいけません

ボーナス返済はできる?

イオン銀行カードローンでは、約定返済に限らず、繰り上げ返済の手段として任意返済が認められています。

ボーナスにあわせて任意返済を行えば、イオン銀行カードローンの完済を早めることができます

配偶者が安定収入を得ている主婦がイオン銀行カードローンを利用している場合には、夫のボーナスを任意返済として入金可能です。

ただし、任意返済は約定返済に含まれないため、任意返済で元金が0円にならないと約定返済が通常通り行われます。

イオン銀行カードローンでは選べる返済方法が3つあり、選択した返済方法に応じて任意返済の仕方が異なるので気をつけましょう。

 イオン銀行でお金を借りた人の口コミを紹介

休日になると1,000万人以上が来店しているイオンは、日本でトップクラスの顧客基盤を持つ流通大手です。

小売業で培った顧客接点とマーケティングノウハウを活用することで、新たな価値を顧客に提供しているのがイオン銀行になっています。

イオン銀行ではリテール・フルバンキングも経営理念に掲げ、徹底したお客さま志向の銀行を目指しています。

地域の発展にもイオン銀行は寄与していますが、イオン銀行カードローンでお金を借りた人の評判は必ずしも良いわけではありません。

イオン銀行カードローンのポジティブな口コミとネガティブな口コミを順にご紹介します。

ポジティブな口コミ

イオン銀行カードローンにおける利用者の間では、ポジティブな口コミはどのような様子なのでしょうか?

ポジティブな口コミ情報をチェックし、イオン銀行カードローンを使うかどうかの参考にしてみましょう。

・任意返済しやすい

返済方法に自動引き落としを選んだので返済を忘れる心配がなく、イオンで買い物するときには任意返済も心がけています。

イオンに足を延ばす機会がそもそも多いのなら、自分のタイミングで簡単に任意返済できます。(40代男性)

・主婦でも配偶者の収入でお金を借りられる

派遣会社で契約満期になり、急な出費が重なった状況で申し込みましたが、配偶者の収入があったのでお金を借りられました。

流通大手ならではの安心感もありますし、イオン銀行カードローンは主婦が便利に使えるカードローンだと思います。(30代女性)

 

イオン銀行カードローンのポジティブな口コミでは、借入や返済といった利用のしやすさを評価する意見が多い様子でした。

専業主婦でも借り入れを申し込めることや、電話対応の良さに加えて、ネット申し込みの手軽さも口コミでよく並んでいます。

ネガティブな口コミ

イオン銀行カードローンの利用者からは、ネガティブな口コミもあげられています。

前もって把握しておきたいイオン銀行カードローンのネガティブな口コミ情報を取り上げてみましょう。

・ローンカードの到着が遅い

申し込みそのものはあっさり済みましたが、ローンカード到着まで2週間ほどかかりました。

イオン銀行口座が無いと初回振込融資も利用できませんから、急いでいる場合にイオン銀行カードローンはおすすめできません。(20代女性)

・無利息期間が設けられていない

大手消費者金融では、30日間無利息サービスや14日間利息0円サービスのほか、少額借入向けの180日間利息0円サービスなどが用意されています。

イオン銀行カードローンは無利息期間の設定が無いうえに、初回の借入限度額が制限されるカードローンです。

初めて利用するときのメリットは、イオン銀行カードローンよりも大手消費者金融のほうが優れています。(30代男性)

イオン銀行カードローンはネガティブな口コミが非常に少なく、ローンカードにおける到着の遅さに不満が見られる程度です。

一部の利用者からは、無利息期間が設定されていないことや、初回利用時における借入限度額の厳しさを批判する意見が出ていました。

イオン銀行でお金を借りる方法を解説

イオン銀行カードローンでお金を借りる際には、申し込みと審査に続き、ローンカードの郵送や借り入れといった順に手続きが進みます。

申し込みと書類提出は基本的にインターネットで行い、在籍確認を含む審査を通過すると、メールで審査結果が通知される流れになります

新規申し込みでイオン銀行口座を持っている場合に限られますが、ローンカードを受け取る前に1回のみ振込融資を希望できます。

ローンカードの到着まで最短5日ほどかかるため、振込融資は大いに役立つものの、電話での本人確認が行われるので注意してください。

佐川急便の受取人確認サポートでローンカードは郵送され、その受け取りには運転免許証やマイナンバーカードなどの提示が必須です。

家族にイオン銀行からの借り入れを隠したいのであっても、本人確認書類に記載の住所以外でローンカードを受け取ることはできません。

受取人確認サポートに応じられなければ、ローンカードは返送されてしまい、イオン銀行から本人に電話連絡が来る手順へと切り替わります。

イオン銀行からの電話連絡を受けた後には、転送不要の簡易書留郵便を使ったローンカードの再送が実行されます。

お金をイオン銀行ATMなどで借りられるローンカードの再送には時間を要しますし、佐川急便の受取人確認サポートには欠かさず応じましょう。

イオン銀行カードローンの申し込み方法

イオン銀行カードローンでは、WEB完結の申し込みをパソコンやスマートフォンのほか、タブレットで24時間受け付けています。

申し込みはイオン銀行に口座を持っていなくても可能であって、契約に際してイオン銀行の口座が開設されることはありません。

イオン銀行の口座開設を希望する場合には、イオン銀行カードローンの申し込みとは別に口座開設の手続きが必要です。

イオン銀行カードローンの申し込みでは、必要事項の入力と必要書類のアップロードが求められます。

本人確認書類など必要書類のアップロードには提出期限が存在しますし、提出期限を過ぎると申し込みは無効になってしまいます。

申し込みで入力した内容は後に変更できず、変更を要するときには申し込みをキャンセルしたうえで、再度申し込む手間がかかります。

審査に落ちても提出した必要書類は返却を望めませんので、イオン銀行カードローンの申し込みは慎重に判断しましょう。

イオン銀行でお金を借りる時に準備しておくべき書類

イオン銀行カードローンでお金を借りる際の必要書類は、運転免許証などの本人確認書類と源泉徴収票といった収入証明書類です。

申し込み時に必要な本人確認書類は、運転免許証もしくはパスポートであり、審査の状況によっては健康保険証も必要書類に加わります。

佐川急便の受取人確認サポートで提示可能な本人確認書類は基本的に運転免許証ですが、パスポートやマイナンバーカードでも構いません

外国籍に該当するのであれば、在留カードや特別永住者証明書も必要書類として含まれます。

イオン銀行カードローンで使える収入証明書類は、源泉徴収票と給与明細に加えて、住民税決定通知書です。

イオン銀行カードローンの在籍確認はどんな方法がある?

イオン銀行カードローンでお金を借りるときには、審査の最終段階で在籍確認の手続きが行われます。

申込者の返済能力を裏付けする目的で在籍確認は用いられていますから、イオン銀行の在籍確認に応答できないと審査落ちにつながります

在籍確認の方法は勤務先への電話連絡であって、イオン銀行は個人名で在籍確認の電話連絡を実践します。

申込者本人が社名を尋ねた場合や、イオン銀行が必要と判断した場合には個人名だけでなく社名も名乗りますから注意しましょう。

 イオン銀行カードローンの借入方法

イオン銀行カードローンの借入方法は2つありますが、新規申し込み時の振込融資を除外するとローンカードを使う方法のみが残ります。

ローンカードを使ってお金を借りる場合には、まずはじめにローンカードを用意したうえで最寄りのイオン銀行ATMなどに足を運びます。

ATM端末の取引選択画面でカードローンを選択し、次に表示される画面でお借入れをさらに選ぶのが基本的な手順です。

ここまで手続きが進むとローンカードの挿入を案内されますので、カードを入れた後に確認ボタンを押してください。

続けて申し込み時に設定した暗証番号を入力したら、借り入れ金額の入力を行って確認ボタンを再び押します。

金額の確認画面でもう一度確認ボタンを押すことで借り入れの手続きが始まり、ローンカードが戻ると同時に利用明細が発行されます。

ATMで現金を忘れずに受け取れば、イオン銀行カードローンの借入手続きは全て完了です。

 手数料無料の提携ATM

イオン銀行カードローンの借り入れや返済は、イオン銀行ATMや提携コンビニATMのほか、提携金融機関のATMで行えます。

ATMの利用手数料はATMに応じて異なりますが、全国に6,000台以上あるイオン銀行ATMは借り入れと返済の手数料がかかりません。

コンビニATMのイーネットやローソンATMも手数料無料であり、提携金融機関のATMは一部に限って手数料無料になっています。

時間帯によって手数料無料になる提携金融機関のATMは、みずほ銀行ATMやゆうちょ銀行ATMに加えて、三菱JFJ銀行ATMです。

おまとめローンについて

イオン銀行カードローンを申し込めるイオン銀行では、おまとめローンに該当するイオンアシストプランの申し込みも受け付けています

イオンアシストプランを活用するのなら、借金の一本化で返済の手間を省けますし、基本的に毎月の返済金額も抑えられます。

返済期間は最大8年まで設定可能なため、自分のペースで計画的に返済を続けていけるでしょう。

イオンアシストプランの申し込みにおいては、イオン銀行の口座を持っていることが前提条件です。

前年度税込年収が200万円以上で、安定かつ継続した収入を得ていることも申し込みの条件としてあげられています。

イオン銀行カードローンは専業主婦でも申し込みを望めますが、専業主婦はイオンアシストプランの利用対象者ではありません。

 イオン銀行カードローンの返済方法

イオン銀行カードローンの約定返済日は毎月20日で、当月20日が土日祝日の場合にはその翌日が約定返済日に切り替わります

選べる返済方法は最大3パターンあり、まずはイオン銀行普通預金口座からの引き落としが当てはまります。

イオン銀行普通預金口座からの引き落としを選択した際には、約定返済日の前日までに約定返済額を入金する手順が欠かせません。

イオン銀行カードローンで選べるこれ以外の返済方法は、ATMからの返済と他金融機関における普通預金口座からの引き落としです。

ATMからの返済は、毎月1日から約定返済当日に、指定ATMから約定返済額を入金する返済方法になっています。

他金融機関からの引き落としを返済方法に選んでも、返済のタイミングそのものはイオン普通預金口座を利用する返済方法と変わりません。

 イオン銀行カードローンの返済方式

イオン銀行カードローンの返済方式は、元金と利息を合わせた毎月の約定返済額が借入残高で変動する残高スライド方式です。

残高スライド方式は一般的な返済方式に該当しますが、イオン銀行カードローンの残高スライド方式は返済期間が長引きやすい特徴を持ちます。

前月末日の借入残高が10万円を下回ると約定返済額は3,000円になり、5万円以下は2,000円で、3万円以下は1,000円にまで下がります。

借入残高が少なくなるほど毎月の約定返済額も低下しますので、約定返済額で返済を続けるだけでは完済がなかなか実現しません。

借入期間が長引くと利息の負担は増えてしまいますから、イオン銀行カードローンでお金を借りるのなら任意返済に注力しましょう。

 まとめ

貸金業法の総量規制が適用されないイオン銀行カードローンは、自分自身で安定した収入を得ていない主婦でも申し込めるカードローンです。

収入の無い主婦がイオン銀行カードローンでお金を借りるためには、配偶者の継続的な安定収入が必須条件として定められています。

主婦の借入限度額は50万円に制限されているものの、主婦を対象にした一般的な銀行カードローンの借入限度額は一律30万円に過ぎません。

借入限度額が大きいメリットを得られるうえに、イオン銀行口座を持っているとローンカードが配達される前に初回振込融資も希望できます。

もちろん全国に6,000台以上あるイオン銀行ATMなどは利用手数料が無料であり、借り入れと返済はローンカードを使って簡単に行えます

返済方法は3つの中から選べますが、毎月の返済額を抑えるよりも完済を優先したい場合には、約定返済だけでなく任意返済も駆使しましょう。