お金を借りる

学生がお金を借りる5つの方法とは?消費者金融・銀行・学生ローンなど口コミで比較!

社会人はもちろん、学生であっても現金が必要な局面というのは必ず訪れます。

この記事では、学生がお金を借りる際に取りたい安全かつ確実な手段をご説明します。

また実際に借入を行った学生の口コミも併せて紹介し、徹底的に検証します。

学生が安全確実にお金を借りる5つの方法

学生がお金を借りたいと思ったとき、選べる手段は普通の社会人とそれほど変わりありません。

ただしまだ社会経験に乏しいことと、客観的に見たときに社会的責任能力が未熟なため、多少の危険は存在します。たとえば返済計画が不十分なまま多額の借入を行い、返済不能の状態に陥ることも考えられます。

どうしてもお金を借りたいがために怪しい金融業者から融資を受けることになっては本末転倒です。中には未成年の学生でも借りられる代わりに法外な金利を要求してくる悪徳な金融業者も存在します

この項では、学生の方が安全に、かつ確実にお金を借りるための方法を5つに分けてご紹介します。たとえ未成年でも、方法さえ間違わなければお金を借りることは可能です。
詳しくみていきましょう。

①消費者金融を利用する

お金を借りる、と聞いてまず頭に浮かぶのが消費者金融です。

有名どころでは、アコムやプロミス、アイフル等が挙げられます。消費者金融を利用するには、各金融業者が定める申込条件を満たす必要があります

年齢等細かな差異はあるものの、共通しているのは「安定した収入があること」です。この「安定した収入」というのは、年収の大小を測るものでも、その雇用形態を規定するものでもありません。

あくまでも、月々きちんと定収入があるか否かを問うものです。お金を貸す消費者金融にとって最も避けたいのは、貸したお金が返ってこない、いわゆる貸し倒れのリスクを抱えることです。

たとえ収入源がアルバイトであろうと正社員であろうと、返済の見込みがあれば融資自体は可能です。

学生でも大手消費者金融は利用できる?

なんとなく、学生のうちはどこからもお金を借りられないと思い込んでしまっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、上の項でも述べたとおり、学生であってもアルバイト等の収入があれば消費者金融から融資は受けられます。勿論、学生だからといって特別な審査が必要であるといったことはありません。通常のサービスと同じ要領で融資を受けることが可能です。

しかし一点、注意しなければいけない点があります。

大手消費者金融はいずれも、カードローン利用条件に「満20歳以上」という条件を設けています。つまり、アルバイト等で安定した収入がある学生でも、未成年のうちは大手消費者金融を利用できないのです。

20歳未満の未成年者は社会経験に乏しく、社会的責任能力が未熟であると判断されるためです。大手消費者金融からお金を借りたい場合は、素直に成人を待ちましょう。

大手消費者金融の金利は?

次は、大手消費者金融の金利をそれぞれみていきましょう。

アコムとアイフルでは、下限金利3.0パーセントから上限金利18.0パーセントで設定されています。

プロミスは下限金利4.5パーセントから上限金利17.8パーセントです。3社ともそれほど差は無いように見えますが、どれも下限と上限の差がかなり開いています。

どの金利が適用されるかについては、契約者の融資額や利用実績により異なります。初回の借入で、100万円未満の融資額であれば上限金利が適用されるのが一般的です。

金利の相場としては、18.0パーセントを目安としておけば問題ないでしょう。しかし、あくまでこの金利は初回借入の場合であり、借入と返済を繰り返し利用実績を積んでいけば、段階的に金利を引き下げてくれるケースもあります。

急場しのぎにすぐ借りて、すぐ返すのであれば金利は18.0パーセント前後と考えておいて問題ありません。

②銀行系ローンを利用する

お金を借りる時に浮かぶ選択肢は、何も消費者金融だけではありません。

銀行系ローンを利用することで、融資を受けることも可能です。銀行系ローンは消費者金融と違い、審査が慎重な代わりに低金利という特徴があります。

審査が慎重な理由としては、総量規制の対象外であることが挙げられます。総量規制とは、貸金業法によって定められた法律で、契約者の年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない決まりのことをいいます。

銀行系ローンは貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の対象外となるのです。消費者金融と少し勝手の違う銀行系ローンですが、学生が利用するにはどのようなことに留意しなければいけないのでしょうか。

以下で詳しくみていきましょう。

学生が大手銀行で借入できる確率はどのくらいなのか?

銀行系ローンの審査が消費者金融と比べて慎重であることは上の項でも説明しました。では、学生が大手銀行から融資を受けることは可能なのでしょうか。

結論から言えば、難しいと言わざるを得ません。

かつて、銀行の過剰融資が問題とされた2017年を皮切りに、学生や主婦などの返済能力に乏しい人への貸し付けがより一層厳しくなったためです。銀行によっては、学生や主婦に対する融資を完全にストップしているところもあります。

しかし、借りられるところが全く無いというわけではありません。数あるメガバンクの中で、みずほ銀行のみ、親権者の同意書なしでお金を借りることが可能です。

それ以外は、そもそも学生を対象とした融資を行っていなかったり、行っていても親権者の同意書が必要だったりするため、おすすめできません。

また、一部のネット銀行では今でも学生の申し込みを受け付けているので、低金利の銀行系ローンでお金を借りたいという方は検討してみると良いでしょう。

大手銀行ローンの金利

次は、消費者金融と比較して大手銀行ローンの金利を見ていきましょう。

消費者金融よりも低金利と言われる銀行系ローンですが、実際どの程度低いのでしょうか。まず、三菱UFJ銀行では、下限金利1.8パーセントから上限金利14.6パーセントの金利です。

学生でも借入できるみずほ銀行の金利は、下限2.0パーセントから上限14.0パーセント
三井住友銀行では下限4.0パーセントから上限14.5パーセントとなっています。

すべて上限金利が適用されると考えても、おおむね14.5パーセント前後です。消費者金融の金利相場、18.0パーセントよりもかなり低いことが分かります。

もちろん、下限金利から上限金利の間で、どの金利が適用されるのかは契約者それぞれによって違います。初回借入であれば、上限金利14.5パーセント前後を目安としておけば問題ありません。

JAバンクや労金のフリーローンは学生でも借入できるのか?

銀行の金融商品の中には、「フリーローン」と呼ばれるものがあります。

簡単に言えば、目的を定めない個人向け融資商品のことです。フリーローンの特徴は、低金利であることに加え、借り入れ後は返済のみ行えるという点です。

つまり、契約ごとに限度額が設定され、一括で融資を受けた後、追加融資は受けられないといった仕組みです。ではこのようなフリーローンは学生でも借入できるのでしょうか。

JAバンクと労金を例に挙げてご説明しましょう。

まずJAバンクですが、借入時の年齢が満20歳以上でなければ申込できません
未成年の学生は借入できないということです。

その他の条件としては、安定した収入のあることが挙げられています。学生であっても、アルバイト等で収入があり、かつ20歳以上であれば申込基準は満たしていることになります。

労金の場合は18歳以上からお金を借りることができますが、未成年の場合は親の同意が必要になります。

その他、年収が150万円以上かつ勤続年数が1年以上という条件もあり、学生の間は実質借入ができません。

JAバンク、労金ローンの金利

最後に、JAバンク、労金ローンそれぞれの金利を見ていきましょう。

JAバンクには固定金利型と変動金利型の2種類があります。固定金利型では、年8.30パーセントから10.70パーセント、変動金利型では年7.25パーセントから9.65パーセントとなっています。

一見すると変動金利型の方がお得に見えますが、年2回の基準金利の変動に合わせて金利も変化するため、一概にこちらが良いとは言えません。

続いて労金ローンでは、変動金利型で年6.325パーセント、固定金利型で年7.500パーセントとなっています。

消費者金融、銀行系ローンと比べても、圧倒的に低金利であることが分かりますね。 親の同意が必要でも、極力低金利でお金を借りたいという学生の方は両者ともおすすめです。

③ゆうちょ銀行から借入する

メガバンクとして数えられる銀行の中には、ゆうちょ銀行が存在します。

銀行と名がついてはいるものの、ゆうちょは基本的に郵便局です。そのため、お金を借りるシステムもまた独特なものとなっています。

この項では、ゆうちょ銀行からどのようにしてお金を借りるのか、くわしく見ていきましょう。

ゆうちょ銀行の担保貸付とは何か?

ゆうちょ銀行の提供する融資商品は、銀行や消費者金融等の無担保ローンとは違います。

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合は「担保貸付」と呼ばれ、借り入れる金額によって担保が必要になります。学生に特におすすめとされているのが、「貯金担保自動貸し付け」と呼ばれる商品です。

これは、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とし、通常の貯金残高を超える払戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸付けられる仕組みです。

つまり、普段からゆうちょ銀行で貯金をしている学生であれば誰でも利用可能です。貸付金額の上限は、預入金額の90パーセント以内、1冊の総合口座通帳につき300万円までと定められています。

適用される金利は、預入時点の適用利率に0.5パーセントを足したものとされます。例えば預入時点の適用利率が0.01パーセントであれば、金利は0.51パーセントです。

銀行、消費者金融で適用される金利が軒並み10パーセント以上であることを考慮すると、超低金利と言えるでしょう。

④国や市からお金を借りる

これまで、消費者金融、銀行、郵便局からお金を借りる方法についてご説明してきましたが、最後にご紹介するのは国や市からお金を借りる方法です。

国や市からお金を借りるメリットは、なんといっても金利です。というのも、消費者金融等は金利によって収益を得ますが、国や市では収益といった概念が無く、ほぼ福利厚生に近い貸し付けが望めるためです。

その反面、何度も地域の窓口へ出向いて書類提出を行う必要があるため、融資スピードは非常に遅くなります。次の項では、国や市がどのゆな貸付制度を実施しているのかご説明します。

国や市が実施している貸付の種類とは?

国や市が実施している生活福祉金貸付制度の中からピックアップしてご紹介します。

まずは生活支援費と呼ばれるもので、これは生活を再建するまでの間に必要な生活費を借入できる制度です。限度額は、単身世帯で月額15万円以内、2人以上で月額20万円以内となります。

貸付期間は原則として3か月ですが、最長12か月まで延長することが可能です。これと類似した制度に、一時生活再建費があります。

技能習得や就職活動、家賃や公共料金その他の滞納金の立替、債務整理費用などを貸してくれます。限度額は60万円以内と多いですが、一時的なものであることを忘れないようにしましょう。

最後は、緊急小口資金と呼ばれる貸付制度です。たとえば給料の盗難や火災、解雇等により、日常生活に支障をきたした際に緊急として、10万円以内を借り入れることが可能です。この場合でも、融資は一時的かつ緊急時に限られるため注意が必要です。

⑤2万円までならプリペイドカードで即日借入できる!

すぐに現金が欲しいが、それほど高額な借入でなくて良いので、とにかく手軽に借りたいと考える方も居るのではないでしょうか。

2万円までという限定つきではありますが、高校生でも作ることのできるスマホアプリが存在します。この項では、「誰にでも作れるVISAブランドのプリペイド式カードアプリ」こと、「バンドルカード」をご紹介します。

バンドルカードは発行、利用が完全無料で、口座維持費も実質無料となっています。実際にお金がかかるのは、カードを発行する際の300円と、121日以上未使用の場合30日ごとに100円がかかるのみです。

審査は全く必要ないため、定収入の有無や年齢は一切関係ありません

つまり高校生でも作れてしまうのです。クレジットカードではなくプリペイド方式のため、先に現金をチャージして使う必要があるので使い過ぎる心配が無いのもメリットです。

まだクレジットカードを持てない、消費者金融等でお金を借りられない方にとっては非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。

親にバレずに借入は可能なのか?

お金を借りるという事は、たとえ正当な理由や目的があったとしても少し後ろめたいものです。

学生の身分であれば、その気持ちが一層強くなることも頷けます。お金を借りるのであっても、できれば両親にはバレたくないと思うのが本音でしょう。

学生ローンでは、親の同意が必要であったり、ローン業者が直接親に借入の事実を伝えたりといったことはありませんが、不便な点がいくつかあります。基本的に親に借入がバレてしまうのは、自宅に届く郵送物です。

一人暮らしであればまだしも、実家に身を置いている学生であれば郵送物から借金が発覚するのは想像に難くありません。

親にバレないよう、万全を期して借入を行うのであれば、消費者金融がおすすめです。アコム、プロミスといった大手消費者金融は、スマホやPC上で契約が完了するWEB完結サービスを導入しています。

自宅への郵送物もゼロのため、親はおろか誰にも知られずに借入を行うことが可能です。

賢くお金を借りるコツ

昨今、お金を借りるハードルは低くなっています。

即日融資はもはや常識となり、WEB上で申込から借入まで行えるWEB完結サービスの台頭により、誰でもお金を借りやすくなっています。一見すると大きなメリットに見えますが、便利すぎる反面「お金を借りている」という意識が希薄になってしまいます。

その結果、安易な気持ちで次々と借入を行っていまい、気付いた時には到底返せる見込みの無い借金を抱えていた、というケースもよくあります。遊びたいから、欲しいものがあるから、とろくに返済計画も立てずに借入を行うのは賢いとは言えません。

この項では、お金を賢く借りて管理するコツと、返済不能の状態では何が起こるかを詳しくご説明します。

闇金の罠に要注意!!

融資の際に必ず発生する金利は、法律によってその数値が細かく定められています
これを利息制限法といい、守られない場合は違法となります。

具体的には、元金が10万円未満の融資で上限金利20パーセント以内、元金100万円未満の融資で上限金利18パーセントまでとなっています。

しかし、中にはこの利息制限法を完全に無視し、営業許可も取らないまま事業を運営する闇金業者が存在します。闇金業者は「即日100万円まで融資」や「学生、専業主婦でもOK」などといった広告を打ち、実際に借入を行った人に法外な金利を要求します。

金利の高さは異常で、10日で50パーセントや1日で30パーセント等、一度借入を行えば到底完済できないものに設定されています。どうしてもお金が必要でも、闇金から借り入れるのだけは絶対にやめましょう。

金利の高い業者は返済不能に陥りやすい

借りたお金を返済していくうえで、金利の支払いは避けて通れません。

銀行系ローン等、低金利の融資を選べるのであればそれに越したことはありませんが、諸々の事情によりそれが望めない方も多いでしょう。

ですが、金利の高い業者から借り入れることは、同時に返済不能に陥るリスクを抱えることになります。金利が高いと返済期間が長引き、なかなか元金が減りません。

返済が長引くということは、将来急な出費があったときに対応しづらくなるということです。生活費に加えて月々の返済を行う中で、急な出費が発生すると対処できません。

そうすると返済のために借入を行う、いわゆる自転車操業に移行しやすくなってしまい、最悪返済不能の状態に陥ってしまいます

お金を借りる際は極力低金利の業者を探し、やむなく金利の高い業者から借り入れる際は、少し無理をしてでも早めの完済を心がけましょう。

借りたお金を返済できないとどうなる?

様々な事情により、約束の期日までにお金を返済できない場合、どうなってしまうのでしょうか。

基本的には段階的に処置が取られ、なるべく早く対処すれば大きなペナルティはありませんが、ずっと放置し続けると最悪裁判を起こされてしまいます

まず返済が滞った時点で、金融業者からハガキや電話による督促が行われます。この時点ですぐに返済すれば、それ以上問題にはなりません。

この督促を無視していると、じきに内容証明郵便により借金の一括請求書が送られてきます。長期滞納により借金の分割払いが認められず、一括請求となるのです。

また借金とは別に、金融業者ごとに定められた遅延損害金が請求されます。この一括請求書さえも無視していると、いよいよ債権者によって裁判が行われます

判決が下されると、債権者によって不動産や自動車などの財産を差し押さえられてしまいます。万が一延滞をしそうになってしまったら、期日を過ぎる前に自分から金融業者側に連絡を入れるのがベストと言えるでしょう。

学生OKのおすすめ金融業者を徹底比較!!

最後の項では、学生でも借りられる金融業者について比較していきます。

これまでたくさんの借入方法をご紹介しましたが、それぞれを利用した学生の体験や口コミから検証していきます。お金を借りるといっても、その動機や目的は千差万別です。

様々な角度から客観的に検証することで、どれが自分に合った借入方法かを吟味することができるでしょう。

学生の借入に関する体験・口コミを紹介

まずはアコムで10万円を借り入れた20歳学生の体験をご紹介します。

彼はもともとアルバイトをして生計を立てていましたが、合宿のための費用が捻出できず、消費者金融から借入を行ったそうです。

消費者金融に良くないイメージを持っていたそうですが、細部まで気配りをしてくれるサービスと、予想以上に簡単な手続きにより、1時間ほどで現金を借り入れることが出来たそうです。

その後、継続的に借入を行っていたそうですが、誰にも借りるアテの無い学生にとってはまさに救いの手だったと述べています。

次は、学生ローンで借り入れを行った21歳学生の体験をご紹介します。

ファミレスのアルバイトで生計を立てていた彼ですが、ある日友人に誘われて行ったパチンコがきっかけで、家賃の捻出すら難しい状態に陥りました。

その後学生ローンで20万円ほど即日融資してもらい、在学中に頑張ってアルバイトをして完済したようです。無計画な借金により、卒業旅行にも行けず後悔している、と締めくくっています。

お金を借りる際は、やはり事前の返済計画が不可欠のようです。

学生におすすめなのはどの借入方法なのか?

ここまでお話してきましたが、結局学生が借り入れるのにベストな借入方法はどれなのでしょうか。

消費者金融、銀行、フリーローンそれぞれの特徴とメリットをおさらいしながらみていきましょう。消費者金融は、即日かつ誰にも借入の事実を知られたくない学生の方に適しています。

とはいえ金利が少し高めであるため、はじめから消費者金融を選ぶのはあまりおすすめできません。銀行系ローンは敷居が高くなるものの、金利が低いのが魅力です。

借入には親の同意が必要な場合が多いですが、それでも良いという方は利用する価値があるでしょう。最後にフリーローンですが、これは圧倒的な低金利による融資が魅力の金融サービスです。

ただしそのぶん審査も慎重で、学生が利用するにはまず親の同意が必要です。はじめて借入を行うので、たとえ親にバレても、極力低金利の方が良いという方は利用を検討すると良いでしょう。

まとめ

学生だからと言って、全くお金を借りられないわけではありません。

アルバイトで生計を立てていれば、安定した収入と見做され融資が下りるケースが大半です。消費者金融、銀行系ローン、フリーローンと借入の種類はたくさんありますが、どれが自分に合った借入方法かはみずからの環境から考慮して選ぶようにしましょう。

また、どのような場合であっても、必要以上に借入を行うのは賢い選択とは言えません。
お金を借りる際は、必要な分を、必要な時だけ借り、極力早く完済することを心がけましょう。