free web hit counter
お金を借りる

【自営業者】が確実にお金を借りる!審査通過の4つのポイントとは?

独立し、自分で事業を行う自営業者は何かと物入りです。

自己資本のみの経営が難しい場合、自営業者であっても個人と同じようにお金を借りる必要があります。

この記事では、自営業者がお金を借りる際のコツと共に、大手消費者金融を3社ご紹介し、徹底的に検証していきます。

自営業者がお金を借りる方法とは

一般的に、自営業者はサラリーマンと比べてもお金が借りにくいという面があります。

自営業者はサラリーマンのように安定した収入が期待できないため、貸し倒れのリスクがあると見做されてしまうためです。

確かに、組織に属さず自分一人の才覚で収入を得る自営業者は、サラリーマンに比べれば月々の収入は不安定です。

とはいえ、あくまでも借りにくいというだけであって、きちんとした手順さえ踏めば自営業者でもお金を借りる方法は存在します

健全に事業が運営されてさえいれば、そう簡単に融資を断られるものではありません。

この項では、自営業者がお金を借りる際の準備や必要な書類、その他方法についてご説明します。

カードローンには個人向けとビジネスローンの2つがある

カードローンを細分化すると、個人向けとビジネスローンの2つに分けられます

個人向けカードローンはその名の通り、個人向けに作られたカードローンです。

銀行でも消費者金融でも、基本的な仕組みは変わりません。

一方で、ビジネスローンは事業者のみを対象に作られたカードローンです。

個人向けとの大きな違いとしては、ビジネスローンは総量規制対象外とされていることです。

通常、個人がお金を借りる際は、自身の年収の3分の1未満の額までしか借り入れることはできませんが、事業目的の借入であればこの限りではありません。

安定収入があれば自営業者でも審査に通過できる

多くのカードローンは、借入に際して約款を設けています。

とはいえ、共通するのは「満20歳以上で安定した収入を得ている人」のみで、自営業者を除外する事項等は含まれていません。

つまり、たとえ自営業者であっても、満20歳以上で安定した収入を得てさえいれば、問題なく審査を通過できるのです。

安定した収入、というのはいささか曖昧な表現ではありますが、目安としては「毎月1回以上の収入を2か月連続して得ている状態」を言います。

1年、2年単位ではなく、最低でも2か月連続して安定した収入を得てさえいれば、審査を通過する可能性があるということです。

とはいえ1年を通して見たときに、赤字の月と黒字の月の差が激しいようであれば、貸し倒れのリスクを考慮され融資を受けられない可能性が高くなります。

大切なのは黒字の月が存在していることではなく、事業が安定して運営され、それに伴って安定した収入が発生していることです。

急ぎでお金が必要なら消費者金融が便利

銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンに比べて金利が低い反面、審査が慎重であるというデメリットがあります。

これは、審査に通りにくいというだけではなく、融資までに時間がかかってしまうということを表しています。

銀行によって融資スピードは違いますが、基本的には申し込みから融資まで1週間ほど要します

たとえば月末、急にお金が足りなくなり、緊急で現金が必要といった場合では、銀行融資は向きません。

消費者金融のカードローンは金利こそ少し高めですが、審査から融資まで最短即日を謳っているところも多く、スピード性に優れています。

今日、明日お金が必要という切羽詰まった状況であれば、消費者金融を利用するのが良いでしょう。

ただし、どうしても金利は銀行カードローンよりも高くなりますから、そうしたデメリットはきちんと考慮しておくべきです。

申し込みには公的書類が必要

自営業者がいずれかの金融機関から事業資金を借りる際には、様々な書類が必要になります。

個人であれ自営業者であれ、必ず必要になるものとしては本人確認書類が挙げられます。

運転免許証や健康保険証、パスポート等がこれに該当します。

消費者金融からお金を借りる際は、総量規制の関係で収入証明書の提出を求められる場合もあります。

給料明細書や源泉徴収票などがこれに該当します。

自営業者の場合、これらの書類に加え、公的機関発行による「納税証明書」が必要になります。

なぜ自営業者だけこうした公的書類が必要であるのかと言えば、収入の申告を簡単に不正できてしまうためです。

自分で自分の稼ぎを決めているのですから、不正申告が容易いことは想像に難くありません。

このようにして、個人と自営業者では、借入の際に必要となる書類も少し違います。

審査に通りやすくするコツとは?

たとえば会社に勤めていて、毎月決まった日に給料が振り込まれるサラリーマンの方が、消費者金融からお金を借りるのは全く難しいことではありません。

なぜなら、サラリーマンには「安定した収入」があるためです。

一転して自営業者では、たとえサラリーマンよりも年収が多くても審査に通らないことがあります。

たとえひと月に稼ぎ出す額がサラリーマンの2倍でも、それが安定していなければお金を貸してもらえないのです。

この項では、一般的に審査に通りにくいと言われている自営業者が、審査を通過するためのコツについてお話しします。

ポイントとして、具体的な4つの事項を列挙しましたので、順番にみていきましょう。

安定した収入があることを申告する

上でも少し述べましたが、どこからお金を借りるのであっても、一番重視されるのは「安定した収入」です。

年収や年商の高さはそれほど考慮されません。

お金を貸す側が最も避けたいのは、貸したお金が返ってこない、いわゆる貸し倒れのリスクを抱え込むことです。

「安定した収入」の定義ですが、少々曖昧な部分があり、細かく見ていくと銀行や金融機関ごとに基準が違います。

目安としては、「安定した事業収入が2ヶ月以上続いている」ことが最低条件に挙げられます。

たとえ自営業者であっても、毎月少しでも黒字にさえなっていれば、「安定した事業収入」と見做され、審査には通りやすくなるのです。

逆に、年商は多いものの赤字の月もそれなりにあるという自営業者では、審査を通過できる可能性はぐっと低くなります。

安定した事業収入の無い自営業者は、ビジネスローン等カードローン以外の方法でお金を借りるのも手です。

事業資金に使わないことを伝える

消費者金融からお金を借りた場合、そのお金は「使途自由」として、どのような使い方をしても咎められません。

つまり、事業資金として借り入れても全く問題ないということです。

ただし、銀行のカードローンでは事業資金としての借入は原則として不可能です。

どれだけ安定した収入があっても、お金を借りる理由が事業資金では審査に通らないのです。

とはいえ、銀行が貸したお金の行方を逐一チェックしているわけではないため、結局借りたお金の使い道は本人に委ねられます。

銀行カードローンでお金を借りる際は、事業資金ではなく生活費に充てると伝えることでより審査に通りやすくなります。

とはいえ、こうした申告によって借りられる額には限界があるため、多額の借入を行いたい場合は素直にビジネスローンを利用したほうが良いと言えます。

虚偽の申告はNG!

お金を借りる際、故意か否かは別として、事実と違う申告を行うことを虚偽申告と言います。

よくあるものとしては、年収や収入、他社借入件数などの虚偽申告です。

これらは融資の審査を行う上で特に重要な事項であり、どうしても審査に通りたいがために虚偽の申告を行うケースが少なくありません。

たとえば自営業者の場合、年収や収入に関しては公的機関発行の納税証明書が必要になるため、まず嘘はつけません

他社借入件数に関しても、金融業者側が信用情報機関に信用情報を問い合わせれば即座にバレてしまいます。

こうした虚偽申告が発覚すると、その人の信用は地の底まで落ちてしまいますから、まず融資は望めなくなります。

たとえ期間を置いたとしても、そのような履歴が金融業者側に残っていれば永久的に融資を受けられない可能性もあります。

また、悪質な場合は詐欺罪に問われ、実刑判決を下される場合もあります。

「多少ならバレないだろう」という軽い気持ちで虚偽申告をするのは絶対に避けましょう。

申し込みのミスには気をつける

入力内容に不備があると、確認のため必ず金融業者側から連絡が入ります。

この1ステップを踏まなければいけないということは、それだけ時間をロスするということでもあり、すぐに融資を受けた方にとっては致命的です。

すぐに気づく入力内容の不備であればまだしも、年収などミスかそうでないかよくわからない入力内容の場合はそのまま審査が行われてしまう場合があります。

たとえば年収が700万円であるのに、間違えて70万円と入力してしまった場合、決してあり得ない数字ではありませんから年収70万円として審査を受けることになってしまいます。

入力がすべて完了してから、もう一度1から見直すなどして入力ミスを起こさないよう気を付けましょう。

個人事業主がビジネスローンを利用する際のポイント

ビジネスローンとは、銀行や証券会社、消費者金融などの金融機関が提供する融資商品全般を指します。

利用対象者は中小企業や個人事業主で、最低でも1年から2年の事業実績が求められます。

ビジネスローンは個人が行うキャッシングと同じように、無担保かつ無保証で利用できるのが特徴です。

また、総量規制の対象外となっているため、借入金額に制限は存在しません。

金利としては銀行のカードローンよりも少し高く、おおむね6パーセントから18パーセントの間です。

その分即日融資に対応しているところも多く、状況対応能力は極めて高いと言えるでしょう。

イメージとしては、個人が消費者金融からお金を借りる際の仕組みとほぼ一緒であるとみて差し支えありません。

この項では、個人事業主がビジネスローンを利用する際のポイントについて、具体的にお話します。

事業資金を個人向けカードローンで借りるのは危険

本来、個人向けカードローンはその名が示す通り私的利用を目的としたカードローンです。

無論、借りたお金の使途を金融業者側が把握できるはずは無く、現にこっそりと事業資金として利用している個人事業主も存在します。

ただし、これは厳密に言って規約違反となるため、あまり推奨できません

万が一事業資金に充てていることが相手側に知られた場合は、利用停止となり信用も無くなってしまいます

あくまでも健全なビジネスを行う上で、こうした不要なリスクは初めから取るべきではありません。

事業資金を借りるのであれば、用途に合わせてビジネスローン等の利用を検討しましょう。

ビジネスローンに申し込むために必要な条件とは

ビジネスローンに申し込むためには、いくつか条件が存在します。

たとえば個人でお金を借りる場合でも、「満20歳以上で定収入のある方」という条件が設けられています。

ビジネスローンもその例外ではなく、ある一定の基準を満たした人でなければ借入できません。

この項では、ビジネスローンに申し込むために必要になる条件を3つ、ご紹介します。

健全な運営を心がけてさえいれば、どれもそれほど難しいものではありません。

詳しく見ていきましょう。

個人事業主であること

一般的なカードローン、およびキャッシングが個人を対象にした金融商品であるのに対し、ビジネスローンは事業者のみを対象としたカードローンです。

つまり、ビジネスローンに申し込む際は、大前提として個人事業主である必要があります

事業主の定義ですが、その仕事が反復・継続・独立している場合は個人事業主とみなされます。

たとえ人を雇って事業を行っていても、法人格を持たなければ個人事業主です。

よくある例としては、店員を雇い家族で運営している飲食店、取引先の会計処理を代行する税理士等が挙げられます。

株主が出資して設立する法人とはまた違いますから、注意しましょう。

資金計画書や事業計画書を提出する

資金計画書や事業計画書、まとめて事業関連書類と呼ばれるこれは、お金を貸すうえで安定した事業が出来ているのか相手側が判断するための書類です。

お金を貸す側にとって、最も避けたいのは貸したお金が返ってこないことです。

事業資金ともなれば個人の借入よりも単純に額が大きいですから、その分審査は慎重になります。

そういった意味で、この事業関連書類はお金を借りようとする個人事業主の健全性を図るための材料となり得ますから、重要です。

ただし、どうしてもお金を借りたいからと嘘の数値を記入して提出することだけは絶対にしてはいけません。

たとえ未遂であっても、詐称の情報は各金融機関に共有されますから、将来的に事業を行っていくうえで不利になる可能性があるためです。

確定申告を提出していること

確定申告とは、所得にかかる税金の額を計算し、税金を支払うための手続きです。

人はもちろん、個人事業主でも行う必要があります

個人事業主の場合は、みずからの事業による所得を計算して確定申告を行います。

確定申告書も、事業関連書類と同じようにお金を貸す側が事業の経営状況を確認するために提出を求められるのです。

毎年、きちんと税金を納められているということは、その事業主が信用に足る人物であることを示します。

こうした書類は、みずからの事業の健全性を示すためのものであると覚えておくとよいでしょう。

嘘をついてお金を借りようとでも考えていない限りは、提出にそれほど苦労するものではありません。

赤字だと融資してもらえない?

ローン審査では、融資をする金融機関にとって「返済原資」というものが特に重要になります。

無担保が前提のビジネスローンでは、この返済原資にあたるものは「毎月の利益からの返済」です。

事業の運営により利益が出ていれば、そこから毎月の返済が可能と見做され、融資が決定するのです。

逆に赤字では、毎月の返済に充てる資金が調達できず、回収が見込めないと見做され融資を断られるケースがあります。

1年間の利益の合計が赤字、つまり赤字決算の場合は、ビジネスローンの審査に通る可能性はぐっと低くなります。

では、赤字の多い事業主はビジネスローンの利用を諦めるしか無いのでしょうか。

実は、字であっても融資を受けられるケースがいくつか存在します

代表的なものが「特別損失による赤字」というもので、これは企業の本業とは直接の関係がなく、その期だけ特別に発生した損失のことを指します。

分かりやすい例では、地震や洪水などの自然災害、商品やサービス、セキュリティ上の欠陥等、通常の業務では起こり得ないものが特別損失に該当します。

もしも赤字決算が一時的なものであれば、ビジネスローンを通過する余地は残されているということです。

審査スピードに定評があるおすすめカードローンを紹介

この項では、特に審査スピードに定評のあるカードローン会社を3社ご紹介します。

昨今、個人での借入はもはや即日融資が当たり前になりました。

安定した収入のあるサラリーマンは審査にも通りやすいですが、そうでない個人事業主の場合は審査が慎重に行われるため、どうしても融資スピードが落ちてしまうという点があります。

すぐにでも現金を手にしたい方にとって、融資スピードが遅いというのは致命的ですね。

以下に挙げた3社は消費者金融大手のため安心出来、かつ融資スピードにも定評があります。

特徴を交えながらくわしくみていきましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットの申込条件は、「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」となっています。

個人事業主が借入を行えないとはどこにも明記されていないため、借入は問題なく行えます。

ただし、個人と比べてやはり審査は少し厳正なものになります。

具体的には、収入証明書類をはじめとした、営業状況を確認できる書類の提出を求められます。

これは、個人事業主ならではの収入の不安定さが考慮されるためです。

少しハードルが上がるように思えますが、提出した書類に不備が無いこと安定した収入があることを証明できれば借入自体はそれほど難しくありません。

また、大手消費者金融らしく即日融資にも対応していますから安心です。

借入できる上限金額としては、総量規制の関係から「所得証明できる金額の3分の1」が目安となります。

PROMISE

次にご紹介するのは、テレビCM等でも有名な消費者金融、PROMISEです。

PROMISEも上でご紹介したSMBCモビット同様、個人事業主であっても問題なく融資可能です。

また、特徴として、PROMISEのカードローンには2種類が存在し、一般のカードローンである「フリーキャッシング」、個人事業者向けの「自営者カードローン」があります。

収入が不安定な個人事業主の場合、フリーキャッシングの審査は不利になりますが、自営者カードローンであれば個人事業主を基準とした審査を受けることが出来るため、審査通過の可能性が高くなります。

さらに自営者カードローンは最短即日融資にも対応しているため、すぐに現金が必要な方でも安心です。

アコム

最後にご紹介するのは、大手消費者金融アコムです。

アコムには、個人事業主向けのカードローンとして「ビジネスサポートカードローン」という商品があります。

対象者は、業歴1年以上の個人事業主です。

それ以外の仕組みは通常のカードローンと同じですが、一点のみ大きな違いがあります。

それは、ビジネスサポートカードローンでは事業者を対象としたカードローンであるため、総量規制の対象外となっている点です。

つまり、年収に縛られることなく、みずからの事業所得を超えた借入も可能ということです。

とはいえ無理にたくさん借りる必要はありませんし、あくまでも総量規制の対象外であるという事を念頭に置いておきましょう。

肝心の融資スピードですが、アコムも上記2社に負けず即日融資を可能にしています。

今日、明日、まとまった現金が必要という方は、アコムの利用を検討してみてください。

個人事業主が事業資金を借りるその他の方法

ここまで、個人事業主がお金を借りる方法として、銀行から融資を受ける方法と、消費者金融から借りる方法の2つをご紹介しました。

しかし、個人事業主がお金を借りる方法は、何もこれだけではありません。

この項では、個人事業主が資金を調達するその他の方法をさらに2つご紹介します。

資金の調達法がたくさんあるということは、それだけ不測の事態に備えられるということでもあります。

詳しくみていきましょう。

個人事業主が利用できる公的融資制度

日本には、個人事業主やフリーランスの方を対象とした公的融資制度が設けられています。

これは、100パーセント日本政府が出資する「日本制作金融公庫」と呼ばれる政策金融機関が行っている融資です。

事業利益、規模、共に巨大な一流企業であれば大手銀行からの融資もそれほど難しくありませんが、そうでない方は日本政策金融公庫の公的融資制度を受けるのがおすすめです。

万人に開かれている制度だけあってハードルはそれほど高くなく、審査基準も明確なため審査通過自体はそれほど難しいものではありません。

金利も比較的低いため、小規模の事業者であっても安心です。

資金繰りに困ったら、まずは消費者金融ではなくこうした公的融資制度から利用するのが良いでしょう。

売り掛けを即現金化できる「ファクタリング」とは?

近年、新たな資金調達法として台頭してきたのが「ファクタリング」と呼ばれるシステムです。

これには2種類があり、それぞれ買取型と保証型に分かれます。

買取型は、売掛債権を直接売買して早期現金化を図る方法です。

たとえば1月後に売掛金100万円が支払われる予定だが、今すぐに現金が必要といった場合、先に売掛債権をファクタリング会社に売却することで、即現金化することができるのです。

保証型は売掛債権に対して保険を掛け、信用力に不安のある会社との取引に於いて貸し倒れのリスクを回避する方法です。

支払われるはずの売掛金100万円が、取引先の倒産やその他事情により支払われなくなった場合、ファクタリング会社が取引先に代わって売掛金を補償してくれるサービスです。

市場に現れ始めたばかりのサービスのためまだ知名度は低いですが、万一の時に備えて覚えておくと良いでしょう。

まとめ

自営業者にとって、資金繰りは頭の痛い問題です。

安定した収入が望めない以上、サラリーマンに比べるとどうしても融資の審査に通りにくいのも事実です。

しかし、健全な事業を運営してさえいれば、それほど恐れることではありません。

必要書類を不備なく揃え、少なくても安定した利益を出してさえいれば問題ありません。

お金の借り方にも様々ありますから、時と場合を考慮して、ベストな選択ができるように心がけましょう。