お金を借りる

みずほ銀行カードローンでお金を借りる|来店不要で家族にバレずに審査を受けるには?

みずほ銀行は本社を東京都に置く大手グループ傘下の都市銀行であり、日本国内では3大メガバンクの一角とされています。

お金を借りるためにみずほ銀行をおすすめする理由ですが、他の銀行にはない利点があるためです。そこで今回はその利点に触れつつ、即日借入を可能とするコツを徹底検証します。

利点とはみずほ銀行にあって他の銀行にはないメリットのことです。メリットが多くあることがわかれば、利用しやすいのではないでしょうか。

ただし誰もが必ず利用できるわけではなく、お金を借りるためには審査にクリアしなければなりません。借入方法や返済方法についても紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンのメリット

まずはメリットですがいくつか存在します。

自動融資サービスが利用できる、コンビニで利用できる、などがメリットです。プラス残高は自動で振替される、というメリットもあります。

サービスの利便性が高いことが特徴で、カードローンを初めて利用する人にも向いているでしょう。

このようにメリットがあることはとても重要で、ただお金を借りるだけではトラブルにつながる場合もあるかもしれません。カードローンで借りたお金は毎月コツコツと返済することが基本です。

うっかり返済をし忘れてしまうと延滞料金がかかり、本来借りていた金額よりも多く返済しなければならなくなります。みずほ銀行のメリットがあれば、それを防げるでしょう。

①「自動融資サービス」で残高不足でも延滞にならない

返済用の普通預金口座の残高が不足している場合、自動融資サービスの対象となります。

たとえば公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済により、登録していた普通預金口座の残高が少なくなってしまうこともあるでしょう。もし返済額に足りない場合、延滞となってしまいます。

残高が不足しているときにサービスを利用すると、利用限度額の範囲内で不足分を自動で融資してもらえるのです。

融資された分を返済に充てれば、延滞をすることはありません。ただしこのサービスは常に利用できるものではなく、預金の払い戻しやカードローンの返済に関しては対象外です。

②利用できるコンビニの多さ

大手のコンビニであれば、カードシステムが利用できるATMが設置されているでしょう。

みずほ銀行は全国的にも有名であるため、大手のコンビニであれば対応しているのではないでしょうか。公式ホームページの情報をチェックすると、少なくとも12のコンビニがみずほ銀行に対応しています。

地域によって状況は異なりますが、街中には多数のコンビニが存在します。特に人が多く集まる都市部には様々なコンビニが出店されているため、返済や残高確認などのために利用しやすいでしょう。

コンビニの利用時間ですが、平日であれば24時間です。108円から216円の手数料がかかるため、注意しておきましょう。

③プラス残高は自動で普通預金口座へ振替!

みずほ銀行には自動振替サービスというものがあります。

カードローン用の普通預金口座に入金したとき、入金後の残高がプラスとなった場合に利用できるものです。プラス残高を返済用の普通預金口座に自動で振替してもらえるのです。

うっかり返済をし忘れてしまわないか心配な人は、このサービスを利用すると良いでしょう。延滞を回避できるサービスと言えます。

キャッシュカード兼用型で利用している場合、自動振替サービスは自動で付加されます。
ちなみにこのサービスはみずほ銀行ATM、また一部のコンビニATMで利用可能です。

利用できないコンビニATMもあるため、みずほ銀行ATMを利用することが一番確実ではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンの申し込み方法

カードローンを利用するためには、みずほ銀行の公式ホームページにアクセスする必要があります。たとえばパソコンがある人は、申し込み用のフォームを表示させてください。

画面上の案内に従い必要な情報を入力すると、審査となります。審査では返済能力の有無が判断され、場合によっては利用限度額が希望通りにならない可能性もあります。

登録したメールアドレスに審査結果が届けられるため、クリアした後は案内に従ってください。普通預金口座の開設を求められる場合もあるため、利用したいのであれば素直に従いましょう。

必要な手続きが完了すると、再びみずほ銀行からメールが案内のメールがあります。

みずほ銀行カードローンの審査について

銀行やその他の金融業者でもそうですが、必ず審査が行われます。

優良な銀行や業者では必ず審査が行われるため、無審査で即日融資を受けられるとは考えない方が良いです。審査にも様々なポイントがあり、申し込みをする上で必要な書類などもあります。

いくつか注意すべきポイントなどもあるため、軽い気持ちで審査を受けると通らないかもしれません。

みずほ銀行のカードローンを利用する前に、自分は本当に大丈夫かをチェックすることをおすすめします。事前に対策をしておけば、審査に通りやすくなるかもしれません。

ではどのようなことに意識すべきなのか、一つずつ取り上げます。

審査時間はどのくらいかかる?

カードローンの審査時間についてはケースバイケースであり、一概には言えません。

しかしみずほ銀行は即日融資に対応しているため、手続きがスムーズに進めば申し込んだ日に利用できるでしょう。また申し込み方法ですが、大きく分けて4つ存在します。

インターネット店頭窓口郵送電話の4つです。このうち最も審査時間が短く即日融資に向いているのは、インターネットからの申し込みでしょう。

インターネットであれば来店や郵送などが不要となるため、審査にかかる時間も短縮できるのです。ただしみずほ銀行では土日祝日は審査が行われていないため、申し込むタイミングはよく考えておきましょう。

みずほ銀行カードローンの融資対象者は?

カードローンを利用するためには、特定の条件を満たしておく必要があります。

融資対象者として認められているのは、契約時に満20歳以上満66歳未満の人です。それ以外に人は審査の申し込みをしても通らないため、自分の年齢を確認しておきましょう。

安定かつ継続した収入の見込みがあるという条件もあり、無収入の人は利用できません。継続した勤務実績があると、審査に通りやすくなるかもしれません。

要するに返済能力があることがわかれば問題なく、雇用形態に関する条件はないです。アルバイトなどの非正規雇用者でも、審査の結果認められることもあり得るのです。

そして保証会社からの保証が受けられるのであれば、審査に関しては問題ないでしょう。

申し込みに必要な書類

利用限度額が50万円を超える場合、収入証明書が必要です。

所得証明書とは自分の所得を証明するための書類のことを言います。源泉徴収票や納税証明書、住民税決定通知書などが該当します。50万円を超えない少額の場合、提出する必要はありません。

書類を用意することが面倒であれば、あえて少額で申し込むという方法もアリでしょう。
カードローンの利用契約のためには、本人確認書類も必要です。

運転免許証やパスポート、住民票や在留カードなどのコピーがあれば問題ありません。もしも身分を証明できるものがない場合、役所の窓口でマイナンバーカードの発行を申請すると良いでしょう。

申し込みで注意したいポイント

まず種類に関する注意点ですが、収入証明書や運転免許証などの本人確認書類はコピーを提出することになります。

間違えてコピーではなく原本をそのまま提出しても、処理されないでしょう。みずほ銀行側からミスがあるという指摘を受けた場合、すみやかにコピーを取って提出するようにしてください。

また申し込み者が本人であるかどうかをチェックするために、在籍確認が行われます。
勤務先に本人がいるかどうかの電話がかけられるため、審査前に伝えておくと良いでしょう。

本人がそこにいる必要はなく、あくまでも在籍しているかどうかの確認です。カードローンを利用している事実がバレる可能性もあるため、事前に伝えるなどが対策方法です。

書類はミスのないように仕上げる

提出しなければならない書類については既に紹介しましたが、ミスがあると提出しても認められないでしょう。

たとえば源泉徴収票と間違えて別の書類を提出してしまうと、それに気付いたみずほ銀行側から何かしらの連絡があるはずです。ミスがあると審査も進まず、プロセス全体が止まってしまいます。

書類の再提出を求められた場合、必要なものを改めて用意しなければなりません。提出後に再びチェックが行われるため、時間がかかるというデメリットがあります。

書類の種類や内容にミスがないか、提出する前にチェックすることをおすすめします。

虚偽の申告はNG

審査に通るために虚偽の申告を行ったとしても、有利になることはありません。

むしろ信頼を失い不利となる可能性もあるため、申告内容は正直なものにしてください。
そもそも他社借入に関して虚偽申告を行っても、カードローンを利用することは不可能です。

借入に関する情報はすべて個人信用情報機関に記録されており、厳重に管理されているためです。現在の借入状況や返済状況の他に、過去に発生した金融事故の情報も記録されています。

きちんと審査を行う銀行や業者であれば、それらの情報をチェックした上で審査を行うはずです。申告内容で嘘をついても得することはないため、正確な内容であるべきです。

書類の欠けがないよう事前に必要書類を確認

提出しなければならない書類は複数存在します。

種類や内容のチェックだけで安心するのではなく、欠けているものがないかチェックすることも重要です。たとえば収入証明書は提出したが本人確認書類が欠けていた、などのミスには注意してください。

必要な書類の種類はみずほ銀行の公式ホームページ上でもチェックできますが、わかりやすくするためにリストを用意すると良いでしょう。

申し込みを行う前にリストを使って書類を一つひとつチェックすれば、欠けることは防げるでしょう。もし欠けている書類が見つかった場合、早急に用意して審査に備えましょう。

来店不要で家族にバレずに審査を受けるには?

みずほ銀行カードローンでは、来店不要で家族にバレずに審査を受けることができます。

基本的に、申込みは全てインターネット上で行うことができるようになっていますので、家族にもバレることなく審査を受けることができるのです。ただし、いくつかの事前準備は必要です。

みずほ銀行カードローンの借入方法

借入方法にはATMで借りる方法、そしてみずほダイレクトを利用する方法の2つがあります。この借入方法でなければダメだ、という決まりはありません。

2つの内容をよくチェックし、自分の都合に合わせて利用すると良いでしょう。
普段から外出する機会が多い場合、ATMは身近な存在かもしれません。

コンビニにも設置されているため、買い物をするついでに必要な情報をチェックできるでしょう。インターネット環境がある人には、みずほダイレクトが向いているかもしれません。

片方のみを利用するのではなく、状況に応じて両方を使い分けると便利ではないでしょうか。ではこの2つにはどのような特徴があるのか、一緒に見ていきましょう。

①ATMで借りる

キャッシュカード兼用型の場合、まずカードを挿入します。

そして画面上に表示されているボタンの中から、カードローンというものを探して押してください。次にお借り入れというものを選んで画面を進め、希望する金額を入力します。

暗証番号の入力も求められるため、ミスのないように正確なものを入力してください。カードローン専用型の場合、お引出しという項目の中にあるお借り入れを選択します。

ATMの操作では借入だけではなく、残高照会や任意の返済も可能です。みずほ銀行に設置されているATMを利用してわからないことがあれば、近くのスタッフに相談してみてください。

②みずほダイレクト(インターネットバンキング)

パソコンやスマートフォンから取引をしたい人には、みずほダイレクトをおすすめします。

みずほダイレクトはインターネットバンキングとも呼ばれており、オンライン上の操作で借入ができるものです。カードローンの借入ですが、平日の0時から15時の間で可能です。

返済に関しては24時間対応となります。みずほダイレクトから借入を行うためには、利用口座の登録が必要です。

公式ホームページから新規申し込みができるため、利用するつもりの人は新しく口座を開設すると良いでしょう。

忙しさなどからATMを利用する余裕がない人は、みずほダイレクトとの相性が良いでしょう。スマートフォンの場合、専用のアプリがリリースされています。

みずほ銀行カードローンで融資を早める2つのコツ

即日融資やその他のスピード融資を希望する人のために、融資のタイミングを早める2つのコツを紹介します。

当日中に現金の融資が可能となる状態のことを、即日融資と言います。また当日中は無理でも翌日や翌々日など、素早く対応してもらえる場合はスピード融資と言われることもあります。

とにかく少しでも早く融資を受けたいのであれば、コツを掴むことです。コツの内容はシンプルであり、まず平日12時までに申し込むことが求められます。

そしてWEB完結にこだわることも重要です。この2つのコツをマスターすれば、即日融資やスピード融資が成功する可能性が高くなるでしょう。

平日12時までに申し込む

たとえば夕方に申し込みを行っても、その日のうちに融資を受けられることはないと思ってください。

上記でも説明しましたが必ず審査が行われるため、夕方から始まると時間がかかってしまうためです。

融資タイミングを早くしたいのであれば、申し込みをする時間帯も早い方が良いでしょう。
平日12時までに申し込みを行えば、みずほ銀行側も素早く対応してくれるのではないでしょうか。

もしも申し込みを行う日に時間的な余裕があれば、朝一番に手続きを済ませると良いです。
提出する書類は忘れないようにして、職場への本人確認の段取りも事前にチェックしておくとスムーズに進むでしょう。

申し込みは「WEB完結」にする

インターネットの手続きで即日融資またはスピード融資を受ける方法を、WEB完結と言います。

書類の提出は必要ですが、必要な手続きをインターネット上で済ませられるというメリットがあります。この方法で平日12時までに申し込みを行えば、融資を早めることができるでしょう。

WEB完結のおおまかな流れですが、まず公式ホームページにアクセスします。希望する利用限度額を設定し、必要な個人情報などを入力します。

すると仮審査の結果がメールで届けられるため、その後はメールの内容に従い手続きを進めてください。在籍確認が完了すれば、カードローンを利用できるようになります。

みずほ銀行カードローンの返済方法

借りたお金はしっかりと返さないといけないため、返済方法についてもよく理解しておいてください。

返済の内容には個人差があり、契約内容によって左右されます。少額であれば毎月の返済額も多額とはならないでしょう。

しかし過剰に借入してしまうと返済が大変になるため、事前に計画を立てることが重要です。返済方法ですが大きく3つのものがあり、自分の都合に合わせて選択できることがポイントです。

借入と同じようにオンライン上の操作で可能となる場合もあるため、インターネット環境を整えておくことをおすすめします。もちろんATMも利用可能なため、外出先で返済ができる場合もあります。

毎月の返済はいくらになる?

2012年7月31日以降に契約し、利用限度額が200万円以上の場合を例に紹介します。

利用残高が1万円未満であれば、前月10日現在の利用残高と同じ金額を返済すれば良いです。1万円以上100万円以下の場合、毎月の返済額は1万円となります。

そして100万円超200万円以下であれば2万円、200万円超300万円以下であれば3万円となります。利用残高が高くなると、それに比例して返済額も高くなるのです。

上記した条件に該当しない契約の場合、1万円以上50万円以下であれば1万円となります。
50万円超100万円以下であれば2万円となり、徐々に高くなります。

選べる3つの返済方法

返済方法は自動引き落としATMみずほ銀行ダイレクトから選んでください。

借入と同じようにこの方法でなければ絶対にダメだ、というではありません。状況に応じて適切な方法を選び、延滞することがないように注意すれば良いでしょう。

返済方法が1つだけではなく複数存在することは、メリットではないでしょうか。1つの方法に頼り切ってしまうと、いざというときに困ってしまうためです。

たとえば普段利用しているコンビニのATMが故障してしまった場合、自動引き落としが利用できれば返済できます。みずほ銀行ダイレクトが利用できないのであれば、近くのコンビニのATMを利用すれば良いでしょう。

自動引き落としによる返済

みずほ銀行にはカードローン自動引き落しというサービスがあります。

毎月10日になると前月10日現在の利用残高に応じて、必要となる返済額引き落としが自動で行われるのです。引き落としが行われるタイミングは、返済日の当日となります。

基本的に毎月10日に自動で引き落とされますが、その日が銀行休業日であれば翌営業日となります。返済日の前日までに返済額以上の金額が口座にあることが条件となるため、残高のチェックは小まめに行っておきましょう。

たとえば毎月の返済額が1万円の場合、残高がそれに満たなければ自動引き落としの対象にはなりません。返済用の普通預金口座に入金をしておいてください。

ATMでの任意返済

自動引き落としの設定をしていれば、残高に問題がなければ毎月自動で返済となります。
しかし何らかの事情でATMから返済をしたいと考える人もいるでしょう。

もし毎月の返済を忘れない自信があれば、ATMでの任意返済でも良いでしょう。自分自身の都合に合わせて任意による返済ができることがポイントであり、返済は1円単位で可能です。

ただしATMによっては硬貨に対応していない場合もあります。硬貨を使って返済できない場合、返済は1,000円単位となります。

また任意返済を行っても毎月10日に口座から自動引き落としがあるため、2つの返済方法を利用する際は注意が必要です。

みずほ銀行ダイレクトでの任意返済

返済はみずほ銀行ダイレクトからでも可能です。

インターネット上から返済ができるため、わざわざATMを利用することがないというメリットがあります。自宅の近くにみずほ銀行の店舗やコンビニがないという人は、パソコンやスマートフォンから返済すると良いでしょう。

返済サービスは24時間で利用可能です。ただし平日の15時以降と振替休日を含む土日祝日の受付に関しては、翌営業日扱いとなるため注意してください。

借入の場合と同じように、返済のためにも口座開設が必要です。既に開設済みという人は手続きが楽かもしれませんが、まだという人は公式ホームページから手続きを進めてください。

まとめ

みずほ銀行カードローンについて情報をまとめてみました。

メリットや注意点、利用方法などの情報を事前にチェックすると良いでしょう。みずほ銀行に申し込みをしても100パーセント認められるわけではないため、まずは自分の経済状況を確かめると良いでしょう。

安定した収入があることが最低条件となるため、もしも定職に就いていない人はアルバイトでも良いため収入を得る手段を見つけてください。

返済に関しては延滞を予防できるシステムがあるため、事故にならないか心配という人にはメリットがあるはずです。必要なものを用意して審査が終わったら、計画的に利用して返済を続けてください。

 

情報引用:https://www.mizuhobank.co.jp/tenpoinfo/atm/conveni_atm.html
https://www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/40?category_id=67&site_domain=default