お金を借りる

銀行系カードローンで審査に落ちる人の特徴とは?金利や各社比較

お金を借りる先として銀行は一般的です。

ただローンだと使い道が限られてしまいますが、カードローンなら自由にお金を使うことができます。

最近では個人向けの少額融資であるカードローンのサービスを提供する銀行が増えていますので、利用する時のコツを紹介していきましょう。

銀行系カードローンとは何か

銀行系のカードローンとは、個人向けの少額融資のことです。
いわゆる消費者金融が行っているキャッシングサービスと同様の物と考えて良いでしょう。

少し触れましたが、基本的に銀行では住宅ローンや教育ローンなど様々なお金の借り方ができます。しかしこれらのローンは、借りたお金の使い道が決まっています。

住宅ローンならば住宅の購入やリフォームの費用、教育ローンなら学費といった形です。
これらのローンに対して、カードローンの場合は借りたお金の使い道は特に決まっていません。

生活費の支払いでも、旅行などの費用にでも使えます。消費者金融が行うキャッシングとの違いは、ほぼありません。母体となるのが銀行か、消費者金融かの違いです。

母体が銀行であるため適用される法律が異なり、細かい部分で差はあります。しかし個人向けの少額融資である、という点では変わりがありません。

どんな目的で利用できる?

銀行系カードローンは、どんな目的で利用できるのでしょうか。先述したように、基本的には用途が決まっていない融資のことです。ただ幾つか注意点はあります。

まず当たり前のことですが、犯罪行為に関わるようなことに使うことはできません。また事業用の運転資金として、使うことも禁止されているケースが多いです。

しかしお金の使い道は見張られているわけではありませんので、そこは申込をした人を信用してとのことになります。ではこうした禁止されている行為に、お金を使ったことがバレたらどうなるのでしょうか。

それぞれの銀行で対応は異なるでしょうが、最悪は一括返済の上でサービスの利用ができなくなります。

そのため禁止されている行為は、お互いの信用のもとにしないようにするのがベストです。

銀行系カードローンに総量規制はある?

融資を受ける時に気になるのが、銀行系カードローンには総量規制はあるのかです。

総量規制とは年収の3分の1までしか融資ができないとする、貸金業法のルールになります。この総量規制があると合計で年収の3分の1までしか、お金を借りることができません。

しかし銀行系カードローンは、運営が銀行であるため適用される法律が銀行法になるのです。貸金業法ではないので、総量規制の対象外となっています。

つまり銀行系カードローンでは、年収の3分の1といった縛りがないためそれ以上の融資を受けられるのです。

また総量規制では年収のある人にしか融資ができませんので、専業主婦の人は対象外となっていました。ですが銀行系カードローンであれば、専業主婦でもお金を借りられるケースがあります。

銀行系カードローンの金利とは?

銀行系カードローンには他の業者にはない、金利の特徴があります。それは固定金利と変動金利です。

住宅ローンを利用した経験のある人からすると、聞き馴染み言葉かもしれません。他の業者では基本的に固定金利しか扱っていませんが、銀行では変動金利もあると覚えておきましょう。

ただ住宅ローンのようにどちらかを選択するのではなく、あらかじめ固定金利か変動金利かが決まっている形です。

金利には変動金利と固定金利がある

固定金利と変動金利の違いは、どこにあるのでしょうか。

固定金利とは借入をした時に定められた金利が、完済をするまで変わらないという意味です。

一般的にはこちらの固定金利が良く使われています。しかし銀行系のカードローンでは、変動金利を適用しているケースが多いです。

変動金利とは経済状況によって、返済途中であっても金利が変わる可能性があるシステムとなります。状況によって金利が下がることもありますし、反対に上がることもあります。

ちなみに半年に1度の割合で、金利の見直しは行われています。ただ近年はデフレ傾向が高かったため、金利は最低水準だと言ってもいいでしょう。

経済状況によって変わるものですので、日銀の金融政策や物価の変化など、様々なことが要因となって総合的に決められていく形です。

銀行系カードローンと消費者金融はどこが異なるのか?

そもそも銀行系カードローンと、消費者金融ではどこが異なっているのでしょうか。

最も大きな違いとして、あげておきたいのが金利です。特に上限金利のみを比較すると、消費者金融の場合は大手でも18%程度となっています。

対して銀行系カードローンでは15%前後であるため、金利には3%もの開きがあるのです。
仮に30万円を借入したとして、毎月の返済額が13000円だとしましょう。この場合に金利18%だと利息の総額が約7万円になります。

対して金利が15%の場合は、約5万5000円なのです。これだけの違いが出てくるため、金利の違いは大きいと言えます。

他のポイントとしては消費者金融は即日融資にも対応していますが、銀行系カードローンでは規制が強くなったために、即日融資はできなくなりました。

最短で翌日での融資になるため、この点は留意しておきましょう。また上でお伝えした総量規制の対象であるのが消費者金融で、対象外なのが銀行系カードローンです。

銀行系カードローンの審査とは?

消費者金融にしても銀行系カードローンにしても、避けて通ることができないのが申込後の審査です。

この審査は各社による基準があるため、実は同じように見えてまったく違っています。詳細な基準は発表されていませんが、銀行の場合は個人信用情報と属性スコアリングが行われているそうです。

ではこの2つのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

属性スコアリングシステムについて

銀行系カードローンの特徴として、よく言われるのが属性です。
属性とは多様な項目をチェックすることで、返済の安定性を見るために用いられるものになります。

例えば年収や年齢、雇用の形態、勤務先、勤続年数や固定電話の有無などです。これらの属性をスコアリングすることで、一定の基準以上に達していれば審査に通れます。

反対に基準を満たさない場合は、審査に落ちてしまうのです。例えばですが収入が安定していて、自らが問題を起こさない限りは解雇される可能性が低い公務員は優遇されます。

反対に自営業者など収入が安定しない職だと、スコアリングが低くなるという仕組みです。
最近では銀行系カードローンでも、ウェブサイト上で簡単審査といっていくつかの条件を入力して、審査に通るかどうかの判断が見られるサービスがあります。

飽くまでも簡易版であり、正式な審査とは異なりますが、申込をする前に確認できますので不安な人は利用するといいでしょう。

信用情報の審査について

信用情報とは端的にお伝えすると、他社でのローンなどがあった場合の履歴のことを指します。どの程度の借金をしていて、返済は延滞や遅延をしていないのか、完済した経験はあるのか、などが見られるのです。

またどこの金融機関に融資の申込をしたかも、わかってしまいます。例えばですが、携帯電話を購入するのに一括ではなく、ローンで支払いをする人も多いでしょう。

この返済が滞っていたりすると、信用情報には傷がついてしまいます。他にも大きなポイントになるのが、過去に債務整理をしたか経験があるかどうかでしょう。

債務整理をしたという記録も10年程度は、信用情報に残ってしまいます。

そのため信用情報の調査をされると、銀行系カードローンでは審査に通る確率が低くなるでしょう。

こんな人は銀行系カードローンの審査に通る

銀行系カードローンの審査に通りやすい人は、初めてカードローンを利用するというケースです。

もちろん安定した職についていて、定期的に収入があるという条件は満たしていなくてはいけません。

ただ最近になって銀行系カードローンへの風当たりが強くなっていることもあり、基本的に他社からの借金があると審査に通りにくくなっているのです。

そのため消費者金融など、他の業者から借入をしたことがないという人であれば、審査に通る確率が高くなります。

また先にもお伝えした属性や信用情報の調査も行われるため、その点は留意しておきましょう。基本的に携帯電話の支払いなど、きちんと行っているのなら、審査に悪影響を及ぼしません。

銀行系カードローンの審査に落ちる人の特徴

反対に銀行系カードローンで、審査に落ちる人はどんな人なのかと言うと、やはり属性や信用情報に瑕疵があるケースでしょう。

先述の通り、他の業者から借入をしている場合など、多重債務者となってしまうため、審査に通るのが難しくなります。銀行は総量規制の対象外ではありますが、基本的に多重債務者に融資をする可能性は低いのです。

また過去に債務整理をしていた、返済の延滞や遅延を頻繁にしているなどのケースもよくありません。他にも総量規制の対象外だからといって、収入に対する借入希望額のバランスが悪い場合も審査に影響します。

仮に年収が300万円で借入希望額が200万円というようなケースでは、よほど属性が良くなければ審査に通ることはないでしょう。基本的に銀行系カードローンでは、年収の3分の1という規制はありません。

しかし自主的にある程度の枠を設けているのが一般的です。特に初めて融資の申込をするのなら、自分の年収に見合った額を希望するといいでしょう。

ちなみに借入限度額は完済の実績を積むと、増額が可能です。

銀行カードローンの融資条件とは?

銀行系カードローンでは属性と信用情報が重要です。
融資を受けるためには、いかに返済能力があるのかを問われますので、安定した収入や既にローンを完済した経験があると有利になります。

つまりただ収入が多い少ないというだけではなく、安定して返済ができるかどうかが融資の条件となるのです。収入が少ないとしても、借入希望額を少なくすることで対応ができるでしょう。

ちなみに勤続年数の長さというのも、重要な条件の1つです。1つの職場で長く働いている人ほど、突然仕事を辞めるリスクが少ないと考えられるからです。

そのため勤続年数が短いと、審査において不利になってしまいます。近々会社を辞める予定があるという場合は、先に申込をしておいた方がいいかもしれません。

おすすめ銀行系5大カードローン比較

では銀行系カードローンの中でも、大手のものを5つ紹介します。
どのカードローンも利用しやすいため、初めて利用するのなら十分選択肢の候補とできるでしょう。

ただ口座開設が必須のケースもあるので、既に口座を持っているとスムーズに契約を進められます。中には銀行口座の開設が必要ないカードもありますので、口座が不要であればそうした物を選んでください。

楽天銀行カードローン

大手ネットモールを運営する楽天のグループ銀行です。金利が1.9%~14.5%とかなり低水準なのが特徴でしょう。

また楽天銀行の口座を持っている人は、通常よりも審査が早く進みますので、お得だと言えます。またIT企業ならではの便利なアプリなども、無料で提供しているのもポイントでしょう。

随時返済や入金の確認などが簡単にできるため、スマートフォンの連動を考えている人にはおすすめです

ちなみに楽天グループで利用できる、楽天ポイントの進呈などもあるため、ユーザーからすると持っておきたいカードでしょう。

他の特徴としては事業の運転資金とはできませんが、自営業者にも申込資格があります。サラリーマンの人と比べると、審査の時間はかかりますが、全面的に禁止ではないのが魅力でしょう。

楽天銀行の口座を持っているという条件がありますが、即時振込にも対応しています。つまり余裕のある時にカードを作っておくと、急にお金が必要な時にも安心して対応できるでしょう。

みずほ銀行カードローン

メガバンクが提供するカードローンでは、最低水準の金利となっているのがみずほ銀行カードローンです。

2%~14%とかなり低めの金利設定あるため、かなり使いやすいと言えるでしょう。
またメガバンクならではのサービスが充実しています。ウェブ完結という申込方法があり、24時間受付で来店することなく、カード契約が可能です。

最寄りにあるみずほ銀行だけではなく、ゆうちょ銀行やコンビニのATMとも提携しているため、利便性が高いのも特徴でしょう。

またみずほ銀行のネットバンクになる、みずほダイレクトを利用している場合は、パソコンやスマートフォンからでも借入や返済が可能となります。

さらにみずほ銀行の住宅ローンを利用していると、ードローンの金利を0.5%引き下げてくれるのも魅力です。

ふだんのメインバンクをみずほ銀行にしている人にとっては、かなり使い勝手のいいカードだと言えるでしょう。メガバンクだけに安定もしていますし、信用実績もあるため安心して利用できます。

イオン銀行カードローン

大手流通会社であるイオンが2006年に設立した銀行から提供されているのが、イオン銀行カードローンです。

いわゆる店舗を持たないネットバンクなのですが、イオングループのショッピングセンターなどに有人の店舗を構えています。そのため一般の銀行と変わらないサービス提供を受けられるのが、ポイントの1つになるでしょう。

金利も低めの設定になっていて、3.8%~13.8%です。14%以下となる上限金利であるため、非常に借りやすいカードだと言えます。

イオングループで申込ができることから、女性でも使いやすいカードだと言えるでしょう。
コンビニやイオン銀行のATM手数料が無料で使えますし、イオン銀行の口座を開設する必要もありません。

自宅近くにイオン系列の店舗がある、もしくはショッピングセンターがある人にとって使い勝手がいいでしょう。

住吉SBIネット銀行カードローン

銀行系カードローンの中では、最高クラスで金利が低いのが住吉SBIネット銀行カードローンです。プレミアムコース適用の場合となりますが、金利は1.89%~7.99%となります。

上限金利で約8%の金利であるため、かなり利息の支払いを抑えてお金を借り入れることができるでしょう。

仮に大手消費者金融で融資を受けると考えた場合、上限金利には10%近くもの差がでてしまいます。さらにSBI証券口座を保有登録をしていて、住吉SBIネット銀行の住宅ローンの残高がある場合は、金利が0.5%引きされる形です。

またSBIカードを保有していて、住吉SBIネット銀行の口座を引き落とし口座にしていると、金利が0.1%引きになります。

この両者の条件を満たしていると、合計で0.6%の金利割引きが適用されるのもお得なポイントです。

ちなみにスタンダードコースの金利は、8.39%~14.79%となっています。一般的な消費者金融よりも、かなり金利面が優遇されているでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

国内最大のメガバンクが三菱UFJ銀行です。

このUFJ銀行が提供するカードローンが、版クイックです。金利は1.8%~14.6%と銀行系では、平均的な数字でしょう。

ただ国内最大のメガバンクが母体という信頼感は、他のカードにはない特徴だと言えます。
また銀行系としては珍しく、口座の開設が不要です。

テレビ窓口を利用すれば郵送物の発送がなく、申込から契約までできますので、家族にばれずにお金を借りたい人にもおすすめでしょう。

UFJ銀行の行内にある専用窓口で、こちらを利用すれば申込から契約、カードの発行までをその場で行えます。平日の15時以降でも利用できますし、土日や祝日でも利用できるのがポイントです。

ただテレビ窓口を利用する場合は、運転免許証と勤務先の情報、収入証明書などが必要となります。また場合によっては他の書類もいるため、事前に確認をしておきましょう。

銀行系カードローン申し込みの注意点

最後に銀行系カードローンに申込をする時の、注意点を紹介します。
カードローンで審査に落ちてしまう理由として、実は申込書の不備が意外と多いからです。

申込書に不備があるだけで、審査に落ちてしまうのと疑問に思う人も多いでしょう。しかし重要な事項を記載する書類ですので、基本的にはミスをなくす必要があります。

また銀行側としても申込書に不備があるような人を信用して、お金を貸せるのかという疑問がでてくるでしょう。そのため申込書を提出する前には、きちんと確認をするべきなのです。

必要書類はよく確認する

上でも少し触れましたが、申込書と必要書類は提出前に確認してください
直ぐにでも融資を希望する人の場合、心理的に余裕がないからか確認をせずに提出する人が少なくありません。

この時に誤字脱字や記入ミス、数字の書き間違えなどがると審査にも影響してしまいます。
そのため提出前には必ずミスがないか、チェックするようにしましょう。

また必要書類についても同様です。一般的には本人確認用の書類である、身分証明書だけでしょう。

しかし申込をする借入金額や、諸事情などによっては別の書類も必要となってきます。この書類が不足していると、当然ですが審査がおりることはありません。

早急の融資を希望するのなら、審査をすぐに終わらせるためにも必要書類が揃っているか確認してください。

記載に不備がないようにする

少し内容がかぶってしまいますが、申込書類などで記載に不備がないようにしてください。
特に多いの記入欄の指示通りに記入していないミスです。

平仮名でかなを振るとあっても、カタカナにしてしまった程度なら問題はありません。しかし数字の記入ミスや、0か6か判別できないなどのミスをしては問題がでてきます。

確かに少しでも早くお金を借りたい時には、気持ちが焦ってしまうのはわかります。だからといって書類を乱雑に書いて、いいわけではないのです。

申込書類なのですから、他人が見てきちんと判別できるように書く必要があります。

また最悪の場合は、誤記をしただけなのに申込書類で虚偽の申請をしたと見られるケースもあるのです。そのため急いでいる時ほど、丁寧に書くようにしましょう。

記入ミスのせいで審査に落ちてしまったり、審査が滞ってしまうこともあるので、急がば回れと不備がないように書いてください。

まとめ

銀行系カードローンについて解説してみました。

消費者金融のキャッシングとほぼ同じサービスですが、銀行系カードローンならではのメリットがあります。総量規制の対象外であることから、年収の3分の1以上の融資を受けることができます。

また専業主婦でも申込資格があるケースも多いので、消費者金融では借りられなかった人も審査を受けられるのです。

他にも上限金利が低めの設定であることが多いため、同じ額を借りても利息の支払いが少なくてすむメリットもあります。

特にネット銀行系は上限金利の設定も低いため、利息の支払いを少なくしたい人にとっては魅力的です。

その分審査が厳しいと言われていますが、条件を満たしていれば審査に通る可能性も高いでしょう。信用情報と属性の2つがあることを、しっかりと覚えておくといいです。

また他社からの借金がない、初めてカードローンを利用する人は、審査でも通る確率が高いとされています。

銀行系カードローンは、とかく金利面で優遇されていますので、なるべく金利が低いところで借りたい時には、選択肢の第一候補にできるでしょう。