free web hit counter
お金を借りる

《借り換え》今すぐお金を借りるカードローン!※低金利でオススメな4社はココだ

すでにいくつかの金融業者から借り入れをしているときには、それぞれの業者に対して金利を付けて返済をしなければなりませんので、全体としては返済金額が大きく膨らんでしまうことが懸念されます。

すでに融資を受けている人の場合には、金利の安い業者の借り換えローンなどを利用することで返済金額を少なくすることが可能になります。

即日融資で借り換えOK!プロミスが今すぐ借りられてオススメな理由!?

プロミス 300*150

 

まず、プロミス自体に『借り換え』という概念がありません。

つまり通常のカードローンを借り換え目的として契約して他社に一気に返済を行ってしまうというパターンになるかと思われます。

消費者金融じゃ金利が高いんじゃないの?と思われる方も多いかと思いますが実は違います。

 

プロミスの最低金利は4.5%(4.5%~17.8%)と、銀行カードローンに引けを取らない金利となっているのをご存じでしたか?

つまり、借り換え目的の金額が多いほど低い金利でお金を借りられるということになるのです。

 

さらに急ぎでの借り換えに適しているという点です。

他社の借り換え専用ローンや銀行の借り換えサービスの審査は1週間~1か月というところも少なくありません。

プロミスならば通常のカードローンと同等の審査となるので、平日14時までに契約完了すれば当日中に振り込みが可能。

万が一14時を過ぎてしまった場合でもネット申し込み&審査が通過すれば自動契約機で直接受け取りが出来るわけです。

 

瞬フリというサービスにも対応しており、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば24時間振り込みが可能ですので、そのまま他社の返済を完済してしまい『プロミス』だけの返済に専念できますね。

 

借り換えた後の返済についてですが、プロミスは比較的月々の返済額が低めに設定されているのをご存じでしたか?以下に借り入れ残高別に返済額を表にまとめましたので参考にしてください。

借り入れ残高毎月の最低返済額
30万円11,000円
50万円13,000円
70万円17.800円
100万円25,300円
150万円30,000円
200万円39,800円
250万円50,000円
300万円60,000円

現在の借金の借り入れ残高が多くても、そこまでびっくりするような返済額ではないのではないのでしょうか?
あれ?ちょっとこのままじゃ返済がまずいかも?と思うならば早めに借り換えてしまいましょう。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

アイフルのかりかえMAX!今すぐ借り換えでお金を借りたい方向け


借り換え専用のローンを探しているときにオススメできるものに、アイフルのかりかえMAXがあります。

アイフルのかりかえMAXについては、インターネット上から申込みなどの手続きが行えるために、来店しなくても融資を受けることが可能です。

借り入れ条件としては、年齢が満20歳以上であることと、定期的な収入を得ていることなっています。

かりかえMAXの金利は12~17.5%の設定となっていますので、すでに借り入れをしている金融機関の金利がこれ以上に設定しているのであれば、借り換えることによってローンの金額を減らすことができます。

 

借り入れの限度額は最大で800万円までとなっており、返済期間は最長の場合で10年となることから、自己破産などをすることなく問題を解決できる可能性があります。

借り換え用として今すぐお金を借りることを希望しているときには、審査スピードの速さも重要になってきます。

 

低金利で借り換えるなら楽天銀行カードローンがオススメ

低金利の融資を実行しており、銀行系のカードローンということで総量規制の心配もしなくても良い借り入れ先として楽天銀行がオススメできます。

楽天銀行スーパーローンでは、金利の設定が4.9~14.5%となっていますので、メガバンクと比較した場合でもかなりの低金利で融資を受けられる点が魅力です。

ネットバンクということで、借り入れに必要な全ての手続きをインターネット上で済ませることができるので、パソコンやスマートフォンを持っていれば手軽に融資の依頼が行えます。

借り入れ可能な年齢条件は、満20歳~62歳までとなっていますので、幅広い世代の人に融資が行われています。

自分自身の収入の無い専業主婦であっても借り入れができますし、楽天銀行の口座を開設しておく必要がないために、すぐに借り入れができるメリットがあります。

借り入れの限度額は最大500万円までとなっていますが、300万円までの融資を希望したときには収入証明書の提出が不要となります。

そのために借り入れ金額を300万円以下で希望しておくことで、本人確認書類である健康保険証や運転免許証のみを用意できれば、融資を受けることが可能ですので書類を揃える手間がかかりません。

 

主婦・学生などはレイクALSA(アルサ)がオススメ

主婦や年金受給者、学生など幅広い人が借り入れできる金融業者として、レイクALSA(アルサ)がオススメできます。

レイクALSA(アルサ)のカードローンは銀行系のサービスということで、総量規制の適用を受けないために借り換え用として利用できます。

レイクALSA(アルサ)は申込みを行ってからカードが発行されるまでにかかる時間は40分ほどですので、今すぐお金を借りることが可能です。

自動契約機で手続きを行ってカードを受け取ることで、すぐにATMを使って資金を引き出すことができます。

インターネット上で借り入れ契約や振り込み融資の手続きを完結させることもできるために、来店できないときであっても、指定の口座に融資を入金してもらう形で即日融資に対応してくれます。

レイクALSA(アルサ)の申込条件は、満20歳~70歳以下の人となっていますので、高齢者の人が借り入れしやすい金融業者と言えます。

レイクALSA(アルサ)の借り入れ限度額は最大500万円までで、金利の設定は4.5~18%となります。

レイクALSA(アルサ)では借り入れ金額が100万円以上になると、収入証明書の提出が必要になることから、源泉徴収票や確定申告書などの書類を用意しておくようにしましょう。

来店することなく書類の提出を行うためには、スマートフォンのカメラで写真撮影をしておいて、画像をメールやアプリに添付して送信すれば提出の手続きを完了できます。

消費者金融の総量規制とおまとめローン

近年、貸金業法が改正されて、消費者金融が個人に貸し付けを行うときの貸付限度額が、年収の3分の1までに制限されました。これを総量規制と呼びます。

年収が600万円の人に貸し付けを行う場合、消費者金融各社が貸し付けることの限度額は200万円までということになります。

したがって、この金額を超えた貸付けは違法になり、発覚した場合は罰金等の処分を受けることになります。

これに対して、銀行等の金融機関は、法律上の貸金業者には該当しませんので、総量規制の制約を受けませんつまり、上の例の場合、銀行が一般消費者に貸し付けを行う場合、200万円を超える貸し付けもOKということになるわけです。
お金を借りる側からすると、何とも不思議な話なのですが、法律の定義の問題ですので、そういうものかと理解しておくと良いでしょう。

ところで、おまとめローンとか借換えローンという言葉を耳にされたことはないでしょうか。複数の業者から借り入れている借金を一つにまとめて返済するというのが、おまとめローンや借換えローンと呼ばれるものの内容になります。
業者ごとにバラバラであった返済引き落とし日が一つになるので、うっかり入金漏れのリスクが少なくなりますし、うまくやると、金利を圧縮して、返済総額を減らすことができる場合があります。
複数の業者からキャッシングしている人には、検討してみる価値のある考え方と言えます。

ここで、複数の消費者金融からキャッシングをしていて、おまとめローンを活用して、返済を一本にしようとした場合を考えてみましょう。
一時的には、よそから借り入れて、そのお金でもって、既存の借金を返済するわけですよね。そうなると、総量規制に引っ掛かってしまい、新たな借り入れは行えないのかな?という考えが浮かぶことでしょう。
ご安心下さい。この場合には、総量規制の「除外」とされ、借金をまとめるための借り入れはOKというように法律で規定されているのです。借金を少なくするための試みはOKということになっています。
おまとめローンは、あなたの借金を少なくする切り札となるかもしれません。是非前向きに検討してみると良いでしょう。