お金を借りる

三井住友銀行カードローンでお金を借りるなら!審査基準と金利

お金を借りることが悪いわけではありませんが、返済時にトラブルを起こしてしまう人もいます。そのためカードローンの利用に否定的な人もいるのです。

では三井住友銀行カードローンでお金を借りることは、有効と言えるのでしょうか。有効かどうかは人それぞれの感覚に委ねられますが、三井住友銀行カードローンには他のものと比較しやすい特徴があります。

その中でも大きな特徴が2つあり、利用するメリットがわかりやすいのではないでしょうか。とにかく他社との比較を行い、三井住友銀行カードローンがどのようなものかを利用することが重要です。

メリットだけではなくデメリットもあるため、どのようなことに注意すべきかを考える必要もあります。口コミ検証も行いますので、是非ともチェックしてみてください。

三井住友銀行カードローン基本情報

サービスの運営元である三井住友銀行は、日本国内の3大メガバンクの一角とされています。

そして三井住友銀行は大手フィナンシャルグループの傘下であり、三井住友銀行が直接取り扱うものが三井住友銀行カードローンです。知名度が高いという理由もあるかもしれませんが、数あるカードローンの中でも人気が高いと言われています。

マイナーなカードローンを利用することに抵抗がある人にとって、利用しやすいものかもしれません。運営が大手ということもあり、サービス面に強いという特徴があります。

たとえば申し込みをインターネット上で行うことができ、必要な書類の提出なども一貫して行えます。

三井住友銀行カードローンの特2大特徴とは?

他のカードローンとは異なる三井住友銀行カードローンの特2大特徴ですが、まず消費者金融より低金利であることです。

そして手数料無料のATMが多いことも、魅力と言えるのではないでしょうか。この2つは単なる特徴ではなく、利用する際のメリットとも言えるでしょう。金利の設定やATMの利便性は、カードローンごとに異なります。

中には金利が高く、気軽に利用するのには向いていないものもあります。またATMの手数料が高ければ、利用者の負担はそれだけ大きくなってしまいます。

しかし三井住友銀行カードローンは、そのようなデメリットを克服しているのです。メリットとも言える2つの特徴の内容ですが、それぞれ紹介するため一緒に見てみましょう。

メリット①消費者金融より低金利

消費者金融の金利は100万円以下の場合で、約18パーセントであることが一般的のようです。

100万円より高くなると、約15パーセントになるというデータもあります。この15パーセントから18パーセントという金利が高いかどうかは、個人の感覚によって異なるのではないでしょうか。

しかし三井住友銀行カードローンの場合、これよりも低金利で利用できるのです。三井住友銀行カードローンの金利は100万円以下の場合で、12パーセントから14.5パーセントです。

100万円より高くなると、10パーセントから12パーセントです。金利を抑えてお金を借りたいのであれば、三井住友銀行カードローンを選ぶと長期返済に活用できるのではないでしょうか。

メリット②手数料無料のATMが多い

三井住友銀行カードローンと提携しているATMは、原則手数料が無料となります。たとえば消費者金融のカードローンの場合、コンビニに設置されているATMを利用すると108円から216円の手数料がかかるでしょう。

108円から216円という金額は、決して高いものではないでしょう。金銭感覚は人それぞれ異なりますが、そのくらいなら安いと感じる人もいます。

しかしATMを利用する度に手数料がかかり、さらに利息も支払うことになれば負担は大きくなる一方なのです。三井住友銀行カードローンですが、大手コンビニの銀行ATMで利用可能です。

三井住友銀行カードローンの審査を検証!

優良な銀行や消費者金融では、必ず審査が行われています。審査により返済能力の有無をチェックしなければ、貸し倒れとなる可能性もあるためです。

三井住友銀行カードローンの審査ですが、理不尽というレベルの厳しさはないでしょう。

実際に三井住友銀行カードローンを利用した100人以上の人たちに対し、取材による調査が行われたことがあります。

その結果によると雇用形態に対する厳しい制限はなく、派遣社員やアルバイトでも利用できる場合があるようです。

正規雇用でない人でも、きちんとした収入があれば審査では問題ないのでしょう。ただし審査を受けた結果クリアできず落ちてしまう人もいるため、確実に利用するためにはどのようにすれば良いか考えておきましょう。

審査について

カードローンを利用する時には三井住友銀行カードローンに関わらず「審査」があります。

この審査をパスすることが出来なければお金を借りることは出来ない為、自身の返済計画作成と同時に「借りられる可能性があるのかどうか」についてもしっかりと確認しておきましょう。

三井住友銀行カードローンの利用基準は、満20~69歳で安定した収入を得ている人です。

また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの審査を通過できる人と言う条件もあります。

この二つを満たしていさえすれば雇用形態は問題になりません。

正社員であれば契約できる可能性は多少アップしますが、アルバイトやパート・契約社員などであっても問題なく契約できる可能性があります。

申し込み条件は?

三井住友銀行カードローンに申し込むための基本的な条件ですが、まず年齢が関係します。

申込時の年齢が満20歳以上であり、かつ満69歳以下である必要があるのです。

つまり現時点では10代は利用できず、そして70歳以上の高齢者も対象外となります。もし申し込もうとしても条件を満たしていないため、相手にされないでしょう。

審査では返済能力の有無について評価されるため、毎月の安定した収入があることも条件となります。収入があればそれに見合った借入ができるため、仕事をしていて安定した収入がある人は問題ないでしょう。

アルバイトやパートでも毎月の収入が安定していれば、少額になるかもしれませんが申し込みは可能です。ただし無収入の学生や専業主婦は、対象外となります。

銀行口座を持っていると優遇される?

同系列の会社が保証会社として携わっているということもあって、すでに三井住友銀行に銀行口座を持っている人の場合は審査が優遇される可能性もあります。

必ず優遇されると言う訳ではありませんが、該当口座に預金があればそれ自体が「信用・返済能力」として評価されます。

仮に300万円の預金がある状況で100万円の借入れを希望した場合、使途に関係なく最低でも「お金を貯めることが出来る人物」という評価を得ることが出来ます。

また、その預金自体がある意味では担保としての効果も発揮します。

 

年金受給者でも借入できる?

申し込み条件として、毎月の安定した収入があることが求められます。

そのため年金受給者だからという理由で、三井住友銀行カードローンの利用を断られる心配はありません。銀行や消費者金融ごとに対応は異なりますが、三井住友銀行であれば審査の申し込みは可能です。

年齢が69歳以下であれば、利用を検討することはアリなのです。また審査を受ける場合、年金以外の収入があるとより良いかもしれません。

年金のみが収入源の場合、仮に審査を通ったとしても限度額は少額になるかもしれません。

高齢者でも可能は仕事もあり、また副業により年収を増やせる場合もあります。年収以外の収入源があれば、審査時にプラスとして評価されるかもしれません。

どんな借入方法がある?

三井住友銀行カードローンの借入方法ですが、ATMインターネットバンキングの2つです。

ATMには三井住友銀行のATMとコンビニに設置されているATM、そして郵便局に設置されているATMの3つがあります。手数料無料というメリットがありますが、郵便局を利用する場合は注意してください。

三井住友銀行のキャッシュカードを使って借入をしようとしても、郵便局は非対応のためです。インターネットバンキングを利用すれば、ATMから手続きをする必要がありません。

カードローンの利用限度額の範囲内であれば、振込や振替を自由な金額で行えます。

他に審査の基準となるものは?

通常、カードローンを利用する時には一定の基準があります。

上記の様に年齢制限はもちろんですが、年収・勤続年数・役職・居住年数・電話の種類・婚姻状況などの様々な要素が関係してきます。

良く「属性」と言う言葉が使われますが、これは言い換えると「評価ポイント」のようなものです。

年収が500万円なら10ポイント、勤続年数が1年未満なら1ポイントなどと言う感じで採点されていき、最終的なポイントが基準を満たしていれば契約の可能性ありと判断されます。

単純に基準を超えていれば契約できると言う訳では無く、このスコアリングはあくまでも「可能性があるかどうか」を判断するだけです。

この時点で問題が無ければおおむね契約できることが少なくありませんが、最終的には担当者の判断によって結果が変わります。

カードローンは銀行系がいい?

一般的に銀行系カードローンは審査基準が高いと言われています。

その代わりに金利や上限金額などは非常に優遇されているため、契約することさえ出来れば非常に快適な環境で利用することが出来ます。

借りやすさだけを重視して銀行系では無く消費者金融系を利用してしまうと、契約できる可能性こそ高まるものの契約後に大きな後悔に繋がる可能性もあります。

銀行系での契約が難しいと言うことならば致し方ありませんが、仮にどちらの選択肢も選べるような状況であれば銀行系を選んだ方が賢明と言えます。

三井住友銀行カードローンの場合、最大でも14.5%と言う金利で利用出来るので、消費者金融と比べて3%以上違いが出てきます。

実際の審査の流れを解説

三井住友銀行カードローンの審査の流れですが、まずは申し込みを行わなければなりません。

申し込みは三井住友銀行の公式ホームページから可能であり、専用フォームを表示させてください。個人情報を入力することになりますが、ミスがあるとやり直さなければならない場合もあります。

契約のために必要となる大切な情報であるため、ミスには十分注意してください。申し込みの手続きが完了すると審査に移りますが、三井住友銀行側から電話があります。

本人であることを確認するために必要なため、電話には必ず出てください。電話の中でいくつか質問されることもあるため、正直に答えると良いでしょう。本人確認が終わると審査となるため、結果の連絡があるまで待機することになります。

スムーズな審査のために!申込みでの注意点とは?

そもそも三井住友銀行カードローンは、運営が大手ということもあり審査に対して慎重な面があります。

審査が完了するまでの時間ですが、最短で翌営業日です。申し込みをした日に融資を受けられる状態を、即日融資と言います。他の銀行や消費者金融には、即日融資に対応しているところもあります。

しかし三井住友銀行の場合、スピードに関しては劣るかもしれません。それでもスムーズな審査を実現させるためには、申し込みをする時間帯に注意すると良いでしょう。

夕方や夜になって申し込みをするよりも、できれば午前中にした方がスムーズに進むでしょう。スムーズさを重視するのであれば郵送ではなく、ンターネットや電話連絡から申し込むことをおすすめします。

審査での在籍確認は必須?

三井住友銀行カードローンを利用するためには、在籍確認は必須となります。

在籍確認は申し込みをした者が本人であることを確かめるためにあるため、優良な業者のカードローンでは避けては通れないでしょう。

柔軟な対応が可能な中小規模の業者もありますが、三井住友銀行カードローンでは在籍確認が省略されることはないと考えてください。三井住友銀行の担当者が職場に連絡を入れます。

電話の日時をしているすることはできませんが、職場に誰かがいる時間帯は伝えても良いでしょう。もし誰もいないときに連絡を入れても、在籍確認ができないためです。

学生が審査を受ける時の注意点

無収入の学生は利用することができませんが、ルバイトで安定した収入があれば審査後に利用可能となります。

一般の社会人よりも収入が限られている場合、希望する限度額の設定に注意しましょう。

学生でも起業によって成功した場合は、カードローンの利用が不要なレベルで経済的に余裕があるかもしれません。

しかし週に何日かアルバイトをするだけの学生の場合、安定した収入があってもその額には限りがあるでしょう。

少ない収入に対して借入額が多くアンバランスな利用をしてしまうと、返済が大変になります。あまり利用していない段階であれば、コールセンターに相談の電話をすると良いです。

親バレする危険はある?

在籍確認があるため職場の人にバレる可能性はありますが、親バレの可能性は注意していれば相当低いのではないでしょうか。

まずカードローンの申し込みをインターネットから行うのであれば、自分だけが利用するパソコンやスマートフォンから行ってください。家族が共有して利用するパソコンからでは、履歴からバレる可能性があるでしょう。

またインターネットから申し込みをしても、三井住友銀行側から電話連絡があるはずです。

通話の内容からバレることを避けるためには、家族がいない時間帯に申し込みを行うと良いです。

一人暮らしであれば問題ないかもしれませんが、家族と同居している場合は要注意です。

カードローンの債務は就活に影響する?

三井住友銀行カードローンを利用することが悪いわけではありません。

闇金ではない他のカードローンにも言えることですが、利用した事実があるからといって就活に影響するわけではありません。借金の事実を履歴書に書く必要もなければ、面接時に担当者に伝える必要もないでしょう。

しかし債務があまりにも大きい場合、まともな就活ができなくなるかもしれません。現実的に返済できる額であれば問題ないでしょう。

しかし多額の負債や多重債務に陥ってしまった場合、返済のためにアルバイトなどでお金を稼がなければなりません。

アルバイトの時間が多くなり就活の時間が確保できなければ、学校を卒業後も内定がない状態になるおそれがあります。

どうすれば借入増額できる?

審査のために少額の限度額を希望し、利用後にもっと融資を受けたいと思う人もいるかもしれません。

借入増額を希望するのであれば、三井住友銀行カードローンに連絡を入れると良いでしょう。電話から相談することもできますが、インターネットバンキングやローン契約機を利用するという方法もあります。

受付時間は9時から21時であり、平日のみならず土日祝日でも申し込みは可能です。増額のためにも審査があるため、利用して間もない場合は認められないかもしれません。

契約時よりも他社からの借入が増えてしまった、失業や退職により収入がなくなった、などのマイナスポイントがある場合も厳しいでしょう。とりあえず気になるという人は、審査を受けてると良いでしょう。

3つの観点から三井住友銀行カードローンを徹底比較

三井住友銀行カードローンのメリットを紹介しても、ピンと来ない人もいるかもしれません。

他のカードローンにも優れたものがあるため、借入のためにどこを利用するか迷っている人もいるのではないでしょうか。そこで3つの観点から、三井住友銀行カードローンを比較します。

比較の結果良いと感じた場合、利用に対するモチベーションが上がるのではないでしょうか。まず他社と比較して金利はどうか、次ぐに限度額の自由度は高いのかについて比較します。

最後に審査スピードの比較を行います。カードローンの利用を検討している人たちには、この3つを重視して選ぶ人もいるかもしれません。

3つのポイントを比較すると、三井住友銀行カードローンのことがよくわかるでしょう。

「金利」で他社と比較

消費者金融との比較は既に紹介したため、ここでは都市銀行や地方銀行と比較します。

三井住友銀行カードローンの金利ですが、4パーセントから14.5パーセントです。同じく3大メガバンクに数えられている大手銀行の金利は、2パーセントから14パーセントです。

金利の上限には大きな差は見られないものの、わずかならが三井住友銀行カードローンの方が高くなっています。また千葉県の地方銀行の例ですが、1.7パーセントから14.8パーセントです。

神奈川県の地方銀行では、1.9パーセントから14.6パーセントに設定されています。こちらではわずかな差ではあるものの、金利の上限は三井住友銀行カードローンの方が安いです。

「限度額」で他社と比較

三井住友銀行カードローンの限度額は800万円です。

同様に800万円に設定してある都市銀行や消費者金融も存在するため、限度額だけで差別化を図ることは難しいかもしれません。ちなみに地方銀行の場合ですが、最大1,000万円まで利用できるものもあります。

しかし500万円までしか利用できないものもあるため、一部の地方銀行と比較すれば三井住友銀行カードローンの方が優れていると言えるでしょう。800万円という金額が平均だとするデータもあるため、限度額では優位にあるわけではないようです。

しかし誰もが800万円まで利用できるとは限らず、審査によっては数万円から数十万円しか利用できない可能性があることも考慮しましょう。

「審査スピード」で他社と比較

三井住友銀行カードローンの審査スピードに関しては既に紹介した通り、即日融資ではないためやや遅いかもしれません。

しかし最短で翌営業日であるため、場合によっては他社よりスピーディーと言えるでしょう。大手消費者金融の中には、審査時間が最短30分とされているものもあります。

もちろん30分以上かかる場合もありますが、特に大きなトラブルなどがなければ即日融資となるでしょう。銀行の場合はやや時間がかかり、審査に2営業日かかるところもあります。

最短で翌営業日であることが悪いわけではありません。翌営業日という銀行は他にもあるため、審査スピードに関しては消費者金融を除けば平均的ではないでしょうか。

三井住友銀行カードローンのリアルな評判を口コミから検証

利用すべきか迷っている人は、実際に利用したユーザーが残した口コミをチェックすると良いでしょう。

口コミのリアルな内容を参考にすれば、決断しやすくなる場合もあります。良い口コミをチェックすれば、三井住友銀行カードローンに対する期待度が高くなるかもしれません。

しかし良い口コミだけではすべてを把握できないため、悪い口コミも紹介します。盲目的に利用しても満足できなければ、ガッカリしてしまうのではないでしょうか。

良い内容も悪い内容もバランス良く参考にしてから利用した方が、利用時のトラブルを回避できるかもしれません。

良い口コミ

あるユーザーの口コミですが、そのユーザーは返済が遅くなってしまったことがあったようです。

しかし三井住友銀行のスタッフが親切に案内をしてくれたおかげで、その後は無事に返済を続けられたとのことです。

スタッフから返済が遅くなったことを責められるなどはなく、親切で丁寧な対応をしてくれたとあります。別のユーザーの口コミでは、大手銀行であることを評価しています。

知名度がない中小規模の銀行や消費者金融の場合、情報量に限りがあれば安心して利用できないかもしれません。三井住友銀行は大手であり、そのユーザーも安心感があったことが利用する決め手になったようです。

これらの口コミを見ると三井住友銀行カードローンはスタッフの対応力、そして大手ならではの安心感が武器なのかもしれません。

悪い口コミ

20時前にインターネットから申し込みを行ったユーザーの口コミです。

そのユーザーはきちんとした内容で申し込みを行ったようですが、電話があったのは翌日の朝だったようです。電話連絡のスピードについては、時間帯によって遅くなるかもしれません。

やはり全体の流れをスピーディーにするためには、なるべく早めに申し込みをすると良いでしょう。また別のユーザーの口コミですが、限度額が必要以上に高くなったようです。

返済能力があるという理由から、限度額が100万円になったとのことです。過剰に借りすぎることでトラブルとなる場合もあるため、マイナスに感じる人もいるのでしょう。

三井住友銀行カードローンがおすすめな人はどんな人?

まず三井住友銀行の口座を持っている人は、向いているのではないでしょうか。

借入のためにわざわざ新規で開設することは、時間的なコストになるかもしれません。普段から三井住友銀行の口座でお金のやり取りを行う人は、わざわざ開設する手間がかからないのです。

手数料無料のATMが多いことをメリットとして紹介しましたが、ATMの利用機会が多い人にもおすすめします。インターネットではなくATM派だという人は、街中で気軽に利用できるのではないでしょうか。

物理的な都合を考えれば、自宅や職場の近くに三井住友銀行の店舗がある人にもおすすめです。何かしらの不具合やわからないことがあれば、スタッフに直接相談するとすぐに対応してもらえるでしょう。

まとめ

日ごろから三井住友銀行を利用する機会がある人には、馴染みがあるかもしれません。

ATMやインターネット上の操作に慣れており、問題がないと思うのであれば審査の申し込みをしてみると良いです。消費者金融よりも低金利であり、ATMが利用しやすいというメリットも覚えておくと良いでしょう。

そして申し込みを行う前は、自分が利用できる条件を満たしているかをチェックすることです。金融事故を起こした経験がないからといって、油断することはできません。

ただ借入をするのではなく、収入を増やすために副業を始めるなどの工夫があるとプラスに評価されるかもしれません。借入と返済のバランスを考えて、有意義に利用してください。

三井住友銀行カードローンは、「金利4.0~14.5%」・「最大800万円」という非常に高いスペックを持っているカードローンです。

銀行・消費者金融などを利用してお金を借りる時に一番考えなければいけないことは、「確実に完済することが出来るかどうか」です。

せっかくお金を借りられたとしても、最終的に返済が大変過ぎて生活が大幅に狂ってしまったり、返済することが出来なくなって滞納してしまっては意味がありません。

借りた時は一時的に状況が改善されるかもしれませんが、最終的にお金で困ってしまう様では本末転倒です。

その為、利用する金額に関わらず「自分はいくらまでなら借りられるのか、確実に完済する為にはどのように利用していけば良いのか」を事前に把握しておかなければいけません。