お金を借りる

レイクアルサで最短確実にお金を借りる方法とは!?審査の注意点&借入5大利点も徹底検証!!

新生銀行グループのレイクアルサでお金を借りる場合、まずは融資審査を申し込む必要があります。

少しでも早く、確実にお金を借りるためには審査の注意点をチェックしておきましょう。

またレイクアルサには借入に関する5つの利点もあるので、それらについて徹底検証していきます。

レイクアルサ基本情報

レイクアルサは2018年4月より貸付開始となった、新生銀行フィナンシャル株式会社の消費者金融カードローンになります。

新生銀行グループですので信頼性も高く、安心して借りられるのが特徴です。同じ新生銀行グループのカードローンには新生銀行カードローンのレイクがあり、こちらはレイクアルサの貸付開始に伴い融資を停止しています。

商品内容についてはレイクとほとんど同じですから、レイクアルサは銀行カードローンから消費者金融カードローンに切り替えた商品ということです。

審査はレイクもレイクアルサも同じ新生フィナンシャル株式会社が行っているので、審査基準も変わりありません。

レイクアルサの金利は安い?高い?

レイクアルサの金利は4.5%から18.0%です。他の大手消費者金融では3.0%から18.0%という会社もあり、最低金利を比較するとレイクアルサは高いのではと感じる人もいるかと思います。

ですが、最低金利は200万円を超える融資を受けた場合の適用利率になりますし、3.0%の金利は500万円を超える融資の場合がほとんどです。レイクアルサの融資限度額は500万円までですから、最低金利4.5%も他の消費者金融と同等と言えます。

初めてお金を借りる場合には、融資限度額は100万円以下に設定されることが多いです。
レイクアルサでは100万円未満なら適用金利は15.0%から18.0%となり、最高金利に関しても他の消費者金融と変わりありません。

レイクアルサの5大利点とは

レイクアルサにはいろいろなサービスがありますが、その中でも5つの大きな利点があります。

1つ目の利点は手続きをすべてWEB上でできるWEB完結で、店舗に来店することなくパソコンやスマホで申し込みから借入・返済まで可能です。

2つ目は申し込みから最短15秒で審査結果が表示できる点でしょう。

3つ目は選べる2つの無利息キャンペーンがある点で、5万円まで180日間もしくは借入全額30日間無利息のどちらかを選ぶことができます。

4つ目の利点が提携ATMなら借入・返済のどちらも365日24時間手数料がかからないという点です。

そして最後の利点が手元にカードがなくてもスマホアプリでいつでも利用できるカードレスになります。さらに詳しく5つの利点を見ていきましょう。

24時間365日振込できるWEB完結

生活をしていると今日中に口座に入金しなければ公共料金等の引き落としが間に合わない、というケースもあるでしょう。

そんな時にはATMに行ってキャッシングし、その後銀行に行って入金しないといけません。コンビニATMからも入金できる銀行も多いですが、金融機関によっては手数料がかかってしまうこともあります。

レイクアルサのWEB完結を利用すれば、パソコンやスマホを使ってキャッシングし指定口座に振り込み可能です。わざわざATMに行く必要もなく、しかもキャッシング手数料は無料。

日中仕事を抜けられない、育児や介護で自宅から出かけられないという方にもおすすめのサービスです。

レイクアルサはスピード審査!

早くお金を借りたいと思っている方には審査スピードも重要なポイントになります。

レイクアルサは24時間365日申し込み可能で、最短で15秒というスピード審査が利点です。申し込み方法にはパソコン・スマホ、電話、自動契約機がありますが、最短で知りたいという方はパソコン・スマホで申し込み後の画面で確認できます。

また、申し込み開始から最短60分で借入できるのも特徴でしょう。自動契約機でカード発券後、提携ATMでのキャッシングの他、インターネットで即日振込にも対応しているので、自宅にいながら最短での借入も可能です。

ただ、利用限度総額が50万円を超える場合や審査条件によっては収入証明書の提出を求められることもあります。そのため、少しでも早く審査完了し借入したいという方は、念のため収入証明書を準備しておくといいでしょう。

選べる2つの無利息キャンペーン

レイクアルサでは借入金額の5万円まで180日間無利息と、借入全額60日間無利息という2つの無利息キャンペーンがあります。

対象になるのはレイクアルサを始めて契約した方のみで、利用できる無利息サービスはどちらか一方です。他の消費者金融では30日間無利息が多く、レイクアルサはより利息を抑えられるカードローンといえます。

5万円前後の少額を借入したいなら180日間無利息、10万円以上の借入だが60日以内に返済できるなら60日間無利息、というようにライフスタイルに合わせて選べます。

レイクアルサのHP上にどちらがお得になるか早見表もありますので、参考にしてみるといいでしょう。ただし無利息期間の開始は、初回借入日からではなく契約日の翌日からになるので注意が必要です。

借入・返済とも提携ATMの手数料が無料

カードローンの借入・返済時には、ATM手数料がかかってしまう場合もあります。

ですがレイクアルサは提携ATMを利用すれば、借入はもちろん返済時もATM手数料がかかりません。

提携ATMとしては、新生銀行カードローンレイクATMがあり、ここだと万が一ローンカードを忘れても携帯番号、生年月日、暗証番号の入力で利用可能です。

またコンビニATMも利用可能で、セブン銀行ATMの他ローソンATM、ファミリーマートやサークルKサンクスに設置しているイーネットATMも提携しています。特にセブン銀行ATMだと深夜でも手数料が無料です。

ATM手数料がかかると、どうしても借入額は多めになりがちですし、返済時もまとまったお金にならないと返済しないでしょう。

ですが、レイクアルサなら手数料がかからないので、少額の借入・返済を繰り返すこともでき、結果的に利息を抑えることにも繋がります。

レイクアルサの審査基準とは?

レイクアルサの審査基準は公表されていませんが、一般的な消費者金融の審査基準と大差はないでしょう。

主な審査基準としては、安定収入と勤務状況、他社からの借入状況を含めた返済能力、借入等があれば延滞履歴などです。

そのため、安定した収入と返済能力、返済に関する信頼性が認められれば審査をクリアできる可能性はあります。パートやアルバイトであっても、収入があり基準を満たせば審査の対象になるので申し込んでみましょう。

ただしレイクアルサは消費者金融カードローンで総量規制の対象になるので、他に借入がある方は他の審査基準を満たしていても融資不可となる場合もあります。

レイクアルサは総量規制の対象

レイクアルサは新生フィナンシャル株式会社という消費者金融のカードローンです。

消費者金融カードローンは総量規制の対象となるので、他社からの借入を含め年収の3分の1を超える借入ができません。

そのため、すでに借入金額が年収の3分の1に達している方は、他の審査基準をクリアしていても借入不可となります。例えば年収300万円の方は100万円までの借入しかできません。

もし他の金融機関で80万円の借入がある場合には、レイクアルサに50万円の融資申し込みをしても最大でも20万円までしか借りられないのです。

ただし、他の金融機関からの借入といっても、住宅ローンや自動車ローンなど除外される借入もあるのでチェックしておきましょう。

レイクアルサはスマホ世代の若年層をターゲットにしている

レイクアルサは満20歳から70歳まで借入可能でどの年齢層にも融資を行っていますが、その中でも特にスマホ世代の若年層をターゲットにしているようです。

まずスマホやパソコンから申し込みも可能で、本人確認書類などの提出もアプリやメールででき、手続きがすべてWEB上でできます。

またレイクアルサ公式アプリe-アルサを利用すれば、全国のセブン銀行ATMにてカードレスで決済も可能です。カードを持ち歩く必要もなく、スマホ一つで借入・返済ができるあたり、若者向けというのがわかります。

土日祝日や深夜の利用もでき、それでいてATM手数料がかからないあたりも、金融機関が休みの時にお金が必要になる若者向けと言えます。

レイクアルサの審査に落ちる人の特徴

レイクアルサに融資申し込みをしても、審査に落ちてしまう方もいます。

審査に落ちてしまうのは、単純にレイクアルサの審査基準をクリアできなかったということです。レイクアルサに限ったことではありませんが、金融機関で審査に落ちた理由を伝えることはありません。

審査に落ちてしまう人の特徴の1つとしては、他社からの借入が多く総量規制オーバーになっている方です。

また、他社からの借入がなくても、過去に長期間に及ぶローンの滞納債務整理をして信用情報機関に事故情報として載っている方も審査に落ちてしまいます。その他には、虚偽の申し込みや在籍確認が取れない場合なども審査に落ちてしまう可能性があります。

レイクアルサでの申し込み方法を解説

レイクアルサで融資申し込みをする場合には、パソコン・スマホ・アプリ、自動契約機、電話の3つから選ぶことができます。

パソコンやスマホなど、インターネットに慣れている方ならWEB完結、オペレーターに相談しながら申し込みしたい方は自動契約機がおすすめです。インターネットが苦手、自動契約機も近くにないという方は電話での申し込みも可能です。

ただ、最終的にはインターネットや自動契約機を利用することになるので、もしそれらを利用しないとなれば契約や借入まで時間がかかってしまいます。まずはWEB完結と自動契約機での申し込みの流れについて説明していきましょう。

?WEB完結での申し込みの流れ

WEB完結での申し込みは、パソコンやスマホがあれば24時間365日いつでも申し込みができます。

まずはレイクアルサのWEBで、お申込み開始をクリックします。そこで利用希望額やメールアドレス、住所や氏名、勤務先、年収などの必要事項を記入し送信。

審査完了したら契約手続きに入り、Webで契約を選択しWeb自動引き落としをする口座を登録して完了です。

その後、すぐに融資が必要という方は登録した金融機関口座に振り込みもできますし、レイクアルサ公式アプリe-アルサを使えば、近くのセブン銀行で借入可能になります。

パソコンやスマホの扱いに慣れている方なら、本人確認書類と念のために収入証明書も準備しておけば、最短60分での融資も可能です。

自動契約機での申し込みの流れ

レイクアルサの自動契約機で申し込む場合、初めて申し込む方と事前にWEBや電話で手続きしている方と2つの方法があります。

初めて申し込む場合には、WEBや電話での手続き同様、利用希望額や住所・氏名・勤務先などの必要事項の入力が必要です。入力が終了すると、運転免許証などの本人確認書類を提示することになります。

オペレーターより指示があるので、それに従って自動契約機の所定の位置にセットすれば自動的にスキャンされて完了です。審査完了したら契約内容確認書が発行されるので、内容を確認して署名し本人確認書類同様にセットします。

最後に提携ATMで利用できるカードが発行されますので、それを受け取って申し込みは終了です。

カード発行までは最短30分で完了しますが、場合によっては収入証明書の提出を求められることがあるので、念のため準備して自動契約機に行くといいでしょう。

申し込みで気をつけたい点とは

レイクアルサの申し込みで気を付ける点は、正しい情報を正確に提示することです。

審査では本人の収入勤務先、返済能力信頼性を確認して融資可能か判断します。そのため、住所・氏名はもちろん、勤務先などの情報も正しく入力しなければいけません。

本人確認種類と記載内容が一致するのはもちろん、最終審査として勤務先に在籍確認の電話も来るので、その情報も間違っていると審査に問題が発生してしまいます

また、自動契約機で申し込む場合には、必要書類も準備しておかないと完了しない場合もあります。運転免許証などの本人確認書類だけでなく、収入証明書も準備しておくと安心でしょう。

書類の欠けに気をつける

申し込みの際には運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を提出する必要があります。

自動契約機で提示する場合には、機械にセットしてスキャンするのですから汚れ等がない限りは問題ありませんが、FAX等で提出する際は書類の欠けに注意が必要です。

また、本人確認書類を撮影してアプリやメールで送信する際には、表面だけでなく裏面の提出することになります。裏面には何も記載していない人もいますが、それでも撮影・提出しなければいけません。

その他、収入証明書の提出を求められた場合にも同様に欠けがないように気をつけましょう。万が一、書類の欠けや不足があれば、再提出となるので借入まで時間がかかってしまうこともあります。

虚偽の申告はしない

融資審査では、収入や職業、他の借入残高などにより返済能力をチェックされます。原則、融資限度額が50万円以下なら収入証明書の提出は不要ですし、職業や他の借入残高も基本的に自己申告です。

そのため、人によっては融資してもらうために収入を多く記載したり、他の借入残高を少なく記載したりと虚偽の申告をする方もいるようです。

ですが、虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいますし、むしろ虚偽の申告をしたことで審査に落ちてしまう恐れもあります。万が一、収入証明書を偽造して送信すると、私文書偽造や詐欺で罪に問われる可能性もゼロではないのです。

融資審査は返済能力を判断しておこなうわけですから、誠実に記載して審査に落ちてしまう場合はそれだけ返済が難しい人という判断になります。

つまり虚偽の申告をして仮に審査が通ったとしても、返済が厳しくなっていくのがほとんどなので、自分のためにも正しく記載しましょう。

写真などははっきり見えるように撮影する

アプリやメールで運転免許証などの本人確認書類を提出する場合には、それらの書類をスマホ等で撮影して送ることになります。

そこで注意したいことは、写真などははっきり見えるように撮影することです。書類自体に汚れ等があった時はもちろんですが、写真の撮り方によっては影になったり、反射して確認しづらい部分が出てくる場合もあります。

撮影の仕方によっては写真がぼやけていることもあるでしょう。また、しっかり撮影されていても画面に対して小さすぎたり、フレームからはみ出ていてもダメです。

解像度が低く設定されていれば、さらに文字が見えにくくなってしまうこともあるでしょう。書類が隅々まではっきり確認できない状況だと、再提出を求められることがあるので、提出前に写真がはっきり写っているか確認しましょう。

レイクアルサから即日で振り込んでもらう方法

カードローンで借入をする場合には、発行されたカードを使って提携ATMにてキャッシングするのが一般的です。

ただ、そうなるとカードが郵送されてから、もしくは自動契約機に行ってカードを受け取ってからの借入になります。レイクアルサでは今すぐお金を借りたいという方には、本人名義の金融機関口座に即日振込してもらうことも可能です。

やり方としては、申し込み手続きの際に借入したい金額を入力もしくは伝えれば、審査完了後に指定口座に振込されます。

ただし、即日振込には21時まで、日曜日なら18時まで契約手続きの完了が必須です。どうしても今日中にお金が必要という方は、できるだけ早く申し込みすることをおすすめします。

レイクアルサの返済について

レイクアルサの返済方法は、Web返済や提携ATMによる返済の他、銀行振込や自動引き落としがあります。

特徴としては銀行振込以外の返済方法を利用すれば、いつでも返済手数料無料で返済できる点です。Web返済も可能で、思い立った時にパソコンやスマホで返済も可能。

また当月分の返済は指定した返済日当日から14日前まで可能なので、返済忘れもしにくいでしょう。セブン銀行なら深夜でも可能ですから、セブンイレブンに寄った時に手続きもできるのでわざわざ新生銀行レイクATMを探す必要もありません。

それでも忘れそうな方は、口座からの自動引き落としサービスを利用すれば安心です。
しかもWebでも口座引き落としの手続きができるので、口座振替依頼書を記入する必要もなく自宅で簡単にできます。

ご自身のライフスタイルに合わせて、幅広い返済方法があるのがレイクアルサの魅力のひとつです。

返済日はメールで通知してくれる

忙しく日々を過ごしていると返済日をうっかり過ぎてしまった、なんてこともあります。

返済日を過ぎてしまうと、遅延損害金が発生してしまうこともありますし、長期間返済が滞ったり何度も返済遅れになるようだと、信用情報機関に事故情報として登録される恐れがあります。

そんなことがないよう、レイクアルサでは返済日3日前にメールで通知してくれるので安心です。

さらにそれでも返済を忘れてしまった方にも、メールでお知らせしてもらえます。ただこれは登録が必要になるので、忘れてしまった経験がある、もしくは一応登録しておいたほうがいいかなという方は事前に手続しておきましょう。

返済日は自分で決められる

誰でも返済遅れや返済忘れはしたくないものです。ですが、公共料金や他の借入金などと返済日が一緒だったり、給料日前だったりすると返済できなかったなんてこともあるのではないでしょうか。

レイクアルサでは、利用者様の都合に合わせて自分で返済日を決めることができます。給料日直後に返済することも可能ですし、忘れないように他の支払いがない日を設定することも可能です。

例えば、給料日の2日から3日後くらいに設定すれば、返済が難しくないでしょう。

またレイクアルサは返済予定日の14日前から返済可能ですから、仮に月末が給料日なら返済日を14日に設定しておけば、給料が入ってから時間的に余裕をもって返済できます。

設定した返済日の14日前から前倒しで返済できる

レイクアルサでは、ご自分で設定した返済日の14日前までなら前倒しで返済が可能です。返済日に返済しようと思っても、うっかり忘れてしまうこともありますが、前倒し返済できるなら思い立った時に返済できるので安心でしょう。

例えば毎月14日に返済日を設定しているなら、1日から14日の間に返済すればその月の返済は完了です。

ただし15日以上前の返済となれば、前の月の返済に対する追加返済という形になります。
返済したから大丈夫、と思って次の月の返済をせずにいると、未返済となってしまうので注意しましょう。

延滞のリスクも知っておこう

レイクアルサに限ったことではないのですが、指定した返済日までに返済しないとさまざまなリスクが伴います。

まずは遅延損害金が発生してしまい、返済予定日の翌日から年率20.0%が適用となってしまいます。

すぐに返済すれば遅延損害金自体は大きな金額にはならないかもしれませんが、長期間の返済遅れや繰り返し遅延を繰り返すと、信用情報機関に事故情報として載ってしまう恐れもあります。

そして、延滞するとレイクアルサの担当者から支払の督促のメールや電話がかかってくるでしょう。電話に出ない、返済もしない状況が続けば書面で支払いの督促が郵送で送られてきます。

そして、借入できなくなるだけでなく、利用停止や強制解約になることもありますし、さらには借入残高の一括返済も求められてしまいます。

それでも支払わなければ、最終的には裁判となり財産の差し押さえなどの可能性も十分に考えられるでしょう。

まとめ

レイクアルサは審査が早く、最短60分で融資可能なので急な出費の時などに非常に便利なカードローンです。

2つの無利息サービス、自宅にいながらキャッシングできるWeb完結、アプリを利用すればカードがなくてもキャッシングできるなどさまざまなサービスがあります。

提出書類さえしっかり準備できていて、レイクアルサの審査基準をクリアできる方なら最短でキャッシングできるでしょう。

借入・返済の際のATM手数料も無料ですし、コンビニATMを利用すれば深夜でもOKなど利便性も充実しています。レイクアルサの5大利点をうまく活用すれば、生活をする上できっと便利なアイテムになってくれるはずです。