お金を借りる

キャッシングでお金を借りるときに重視すべきポイント ※クレカキャッシングとの違いなど

一口にお金を借りると言っても、その方法は様々です。

消費者金融、銀行ローン等色々ありますが、この記事では主にキャッシングについてお話しします。

キャッシングを利用してお金を借りる確実で安全な方法と注意点についてみていきましょう。

キャッシングとは何か?

キャッシングとは、一般的にクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使ってお金を借りることを指します。

特徴としては、借入限度額が数万円から数十万円と小口向きである点が挙げられます

金利はカードローンと比較しても少し高めであることが一般的です。

クレジットカードに付帯するキャッシング機能を利用するという特性上、他の借入方法よりも手間がかからないため小回りが利きます。

急にお金が必要になってもすぐに現金を手にすることができるのは魅力的ですね。

ただし、手軽すぎる故にお金を借りているという意識が希薄になり、ついつい借り過ぎてしまうという危険性も孕んでいます。

キャッシング利用後は、いくら借りたか、元金はあといくら残っているかを常に把握しておくことが大切です。

クレジットカードのキャッシング機能

上で、キャッシングとはクレジットカードに付帯する機能の1つであると述べました。

ですが、すべてのクレジットカードにキャッシング機能が付帯しているわけではありません。

クレジットカードにはそれぞれショッピング枠とキャッシング枠というものが存在し、このうちキャッシング枠はカード発行の際に付帯させるか否かを選択できます

カードによっては発行後に改めて申し込み、審査を受ける必要があるものもあります。

ちなみにショッピング枠とキャッシング枠は別々ではなく、ショッピング枠の中にお金を借りることのできるキャッシング枠が含まれているという仕組みになっています。

たとえばショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円のカードの場合、キャッシングで5万円借り入れるとショッピング枠が25万円になります

少しややこしいですが、仕組みを理解しないまま利用すると思わぬ事態に発展する可能性もありますから注意しましょう。

カードローン

この項では、キャッシングと同列に扱われることの多いカードローンについてご説明します。

キャッシングもカードローンも、お金を借りるという点では同じ意味ですが、ここでいうキャッシングとはクレジットカードのキャッシング機能を用いることを指します。

対するカードローンは、利息や限度額など細かな点でキャッシングと区別されています

詳しくみていきましょう。

まず限度額ですが、多くのキャッシング限度額が数万円から数十万円の小口向けであるのに対し、カードローンは数百万円まで幅広く対応しています。

金利の相場はキャッシングよりも低く、消費者金融系カードローンで年率4パーセントから18パーセント、銀行系カードローンでは2パーセントから15パーセント程度となっています。

どの程度の金利が適用されるかは、借り入れる額や利用実績により変化するので一概には言えません。

クレカのキャッシングとカードローンは返済方式が異なる

お金を借りると必ず返済する必要が出てきますが、その方法も複数存在します。

クレジットカードのキャッシング機能を用いてお金を借りた場合、返済方式は一括返済になります。

もともとが小口向けのため、長期返済を前提としていないためです。

対するカードローンの返済方式はリボルビング方式です。

これは、元金に対して月々の返済額を固定し、長期にわたって返済を行っていく方法になります。

たとえば30万円をカードローンで借り入れたとして、月々の返済額を2万円とすれば、15回に分けて返済を行うことが可能です。

実際は利息が発生するため15回より多い返済回数になります。

リボルビング方式は月々の返済額を抑えることができる反面、返済が長期化することでより多くの利息を支払うことになります。

カードローンでも一括返済方式は利用できますから、小口融資ですぐ返済できるようならそちらを選ぶのも良いでしょう。

利息の計算方法について

お金を借りると、必ず利息が発生します。

利息は消費者金融、借入額ごとに変化するため、自身にどの程度の金利が適用されているのかを把握することは大切です。

把握した上で、月々の返済額のうちいくらが利息として徴収されているのか知っておくことも重要になります。

具体的な数字を用いて、利息の計算方法を見ていきましょう。

例として、30万円を実質年率18パーセントの金利で借り入れたとします。

元金の30万円に0.18を掛け、出てきた数字を1年の365日で割ります。

最後に1ヶ月分の30日を掛けると、利息は4,438円であることが分かります。

リボルビング方式を用いて1ヶ月に1万円ずつ返済する場合、4,438円が利息として充当されるということです。

実際に支払う額は1万円でも、元金に当てられるのは5,562円ということですね。

キャッシングの審査について

クレジットカードにショッピング枠とキャッシング枠が存在することは、上の項でも述べました。

ショッピング枠はクレジットカードに初めから付帯しますが、キャッシング枠は任意での付帯になります

つまり、別で審査を受けなければいけないということです。

主に審査で見られるのは、年収や勤続年数、債務履歴等です。

これらを総合してスコアリングした数値を元に合否が決定される仕組みになっています。

とはいえ、他者と比較して特別高いスコアが必要なわけではなく、アルバイトやパートであっても安定した収入さえあれば基本的に問題ありません。

注意すべきは債務履歴で、過去に延滞などの事故履歴がある場合は審査を通過しにくくなります。

また、クレジットカードでのキャッシングは総量規制が適用されるため、他社借入状況によって限度額が変動します。

キャッシングの審査基準って?

キャッシングにおける審査の基準は、大前提として貸したお金をきちんと返してくれるかを重視しています。

年収が高くても、一流企業に勤めていても、その人を信用するに足る根拠や実績がなければ融資は受けられません。

審査では主に、年齢や年収、勤務年数や信用情報をチェックされます

信用情報というのは、個人のローンやクレジットカードの利用履歴のことで、ここには細かな情報まですべて記録されています。

したがって、延滞を起こした過去があったり、複数社から借入を行なっている場合は警戒され、審査の通過が困難になるのです。

これらの個人情報を元に、カード会社は「この人にお金を貸しても大丈夫か」を判断します。

どれだけ社会的なステータスが高くても、まず信用がなければ融資は望めません。

在籍確認は避けられる?

消費者金融の審査では、在籍確認が行われます

記入先の勤務先に本当に利用者本人が在籍しているかどうかを確認するためです

初めて消費者金融を利用する人にとっては、この在籍確認が元で会社に借金の事実がバレてしまうのではと不安に思うことがあるかもしれません。

この厄介な在籍確認、避ける方法は無いのでしょうか。

結論から言えば、基本的に在籍確認は避けられません。

初めから借金を踏み倒すつもりで、申込書にウソが記入されている可能性も否めないためです。

ただし、消費者金融側もこちらの事情は汲み取ってくれますから、連絡の際は会社名ではなく個人名を用いてくれます。

自分以外の人がその電話を受けたとしても、個人名であれば即座に発覚することはありません。

もし、事情があってどうしても在籍確認の電話をしてほしくないという場合は、少数ですがそうしたサービスを提供している消費者金融を選びましょう。

自分にとってお得な返済方法を選ぶことが大切

返済方式は大きく分けて一括返済とリボルビング返済がありますが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。

たとえば、借入額が少なく、将来まとまった現金が入る予定がある場合は一括返済の方が得だと言えます。

一括で返済してしまえば利息はほとんどかからないため借り得となります。

逆に、借入額がそれなりにあり、今後まとまったお金が入る見込みがない、もしくは入っても使い道が決まっているといった場合はリボルビング返済の方が良いでしょう

無理をして一括で返済しようとしても、またすぐに生活が苦しくなってしまい、続けざまに借入を行わなければいけなくなるためです。

リボルビング方式では返済期間が長期化しやすく、その分利息を多く払わなければいけません。

どちらが自分にとってお得な返済方法であるか、家計や収入を踏まえた上で決定しましょう。

はじめてのキャッシングを選ぶポイントは?

お金を借りる、と聞くと、初めての人からすれば少し身構えてしまうのも無理はありません。

たしかにキャッシングには少なからずリスクを伴いますが、使い方さえ間違えなければ非常に便利なものです。

はじめてのキャッシングを行う際に押さえておきたいポイントは、金利、返済計画の2つです。

金利は言わずもがな、お金を借りて返済をしていくうえで非常に重要になりますから、借りる前からきちんと把握しておく必要があります

先に金利相場を知っておけば、どの業者が最もお得にお金を借りられるのかが一目で分かるでしょう。

返済計画は、お金を借りてからではなく借りる前から立てておくことでより効率的に返済を行えるようになります。

お金は借りて終わりではなく、必ず返済しなければいけないということを忘れないようにしましょう。

はじめての利用におすすめのキャッシングを紹介

この項では、はじめてでも安心してキャッシングを行うことができる大手消費者金融を5社紹介します。

大手は、ただ知名度があるばかりでなく、長年培ってきた実績とそれに伴う信用があります。

各種サービスやサポートも充実しており、もしもの時でも安心して任せられるでしょう。

重視する点は、主に金利と提供しているサービスです。

ただ金利が安いだけ、ただサービスが良いだけでははじめての利用におすすめとは言えません。

それぞれの特徴を明らかにしたうえで検証していきましょう。

プロミス

まずはCM等で有名なプロミスからご紹介します。

消費者金融を利用したことが無い人でも、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。

プロミスの金利は4.5パーセントから17.8パーセントで、上限金利は他社よりも少しだけ安くなっています。

下限金利はむしろ他社よりも高いですが、100万円以上借り入れないのであればあまり関係ありません。

また、審査時間は圧巻の30分で、即日融資にも対応しています。

緊急で現金が必要でなくても、スグに借りられるというのはやはり手間が省けて嬉しいですね。

アコム

次にご紹介するのは、プロミス同様非常に知名度の高いアコムです。

テレビCM等で目にする機会も多い消費者金融ですが、サービス内容についてはよく知らない方も多いのではないでしょうか。
実は1960年創業の老舗という事もあり、信頼度は抜群です。

アコムの金利は3パーセントから18パーセントと、特筆すべき点はありません。

サービス面では、はじめてアコムをご利用する人に限り30日間無利息で融資を行うサービスを実施しています。

言葉にすると単純ですが、借りたお金を30日以内で返済すれば一切利息を取られないというのは魅力的です。

はじめてキャッシングを行う際には是非候補に入れておきたい金融業者ですね。

レイクALSA

レイクALSAは新生銀行レイクに代わり、2018年4月より新たに登場した金融業者です。

新規参入ということもあり、サービス内容は他社を一歩リードしています。

詳しく見ていきましょう。

レイクALSAの金利は4.5パーセントから18パーセントと、他社と比較すべき点はありません。

レイクALSA最大の特徴は、WEB返済サービスです。

毎月の返済日にわざわざATMに行かなくても、スマホやPCから簡単に返済を行うことができます。

返済手数料も必要ありませんから、はじめてキャッシングを行う方でも便利に返済を行うことが可能です。

三菱UFJ銀行カードローン

これまでは消費者金融のカードローンをご紹介しましたが、次からは銀行系カードローンをご紹介します。

三菱UFJ銀行は日本7大メガバンクの1つとして数えられ、知らない人はほとんど居ません。

消費者金融と銀行のカードローンは何が違うのか、その差もハッキリさせた上で見ていきましょう。

基本的に、銀行系カードローンは消費者金融よりも低金利という特徴があります。

三菱UFJ銀行カードローンの場合、金利は1.8パーセントから14.6パーセントです。

金利が低いということは、それだけ厳格で長期の審査が必要になるかと言えばそうではありません。

三菱UFJ銀行カードローンは最短翌営業日にキャッシング可能というスピード審査が特徴で、はじめてキャッシングを行う方でも不便を感じずにお金を借りることができます。

楽天銀行カードローン

最後にご紹介するのは、楽天銀行カードローンです。

大手IT企業である楽天が提供するこのカードローンは、これまでにご紹介したどのカードローンとも一味違っています。

詳しく見ていきましょう。

まずは金利ですが、銀行系ローンらしく1.9パーセントから14.5パーセントと低金利です。

特別低いということはありませんが、メガバンク各社と比較しても遜色無い金利と言えるでしょう。

楽天銀行カードローン最大の特徴は、申し込みから返済までをすべてWEB上で行える点にあります

お金を借りたいときでも、いちいち外出してATMに出向く必要は無く、スマホやPCから簡単に借入、返済を行うことが出来るのです。

低金利と相まって、キャッシングに不慣れな方でも安心してお金を借りることができるでしょう。

キャッシングの5大注意点とは

お金を借りるということは、どうしても不安が付いてまわります。

借り入れた時点では返せる見込みがあっても、返済が長期化すれば予想外の出費によって返済が苦しくなる月が出てくることも考えられます。

また、近年では借入そのもののハードルが下がっているため、どうしても「お金を借りている」という意識が希薄になり、危機感が持ちにくくなっています。

そうすると必要以上に借入を行ってしまい、気づいた時には多重債務、最悪の場合債務整理を余儀なくされる可能性もゼロではありません。

この項では、キャッシングにおける5つの注意点を明らかにし、どうすれば安心安全にお金を借りることができるのかご説明します。

本当に借入が必要な状況か考える

多重債務に陥る最も典型的なパターンは、不必要な出費に対する借入です。

たとえば交際費や、趣味のお金、最も悪いもので言うとギャンブルのためのお金です。

これらはすべて、生活のためには必要ありません。

一度不必要な出費に対して借入を行ってしまうと、借金癖が付いてしまい非常に危険です。

たとえば家賃や車検、食費といった生活するために最低限必要なお金を借り入れるのであれば問題ないでしょう。

「自分は大丈夫」などと考えず、キャッシングを行う際はそれが本当に必要なお金かよく考える必要があります。

たとえ少額であっても、現在その借入が本当に必要な状況か判断してからキャッシングするようにしましょう。

借入前に金利や返済方法を確認する

金利や返済方法についてよく知らないまま借入を行うのは賢い借り方とは言えません

お金が必要になって借入したは良いものの、思いのほか金利が高くて返済に困ったり、ATMが遠くて返済が億劫になったりするとその後に悪影響をもたらします。

お金が足りない状況になるとどうしても心理的に焦ってしまい、こうした確認を怠ってしまいがちですが、安心かつ安全な取引を行う上では欠かせません。

また、よく確認しないまま借り入れると場合によっては損をする可能性もあります。

上でも述べましたが、消費者金融と銀行系ローンの金利は大きく違います。

特に延滞の履歴等も無く、クリーンな経歴の持ち主であればまず銀行系ローンに申し込んだ方が金利面ではお得と言えます

お金を借りる際は、事前に調べられる範囲のことを調べてから借り入れましょう。

返済の目処を立てて借りる

必要なお金が足りなければだれでも焦る気持ちを持つものですが、借入を行う際は事前に返済の目途を立てておく必要があります。

まずいくら借りるのか、借りたお金をどのくらいの期間で完済するのかをあらかじめ計算しておくのです。

先のことは分かりませんが、こうしたことを把握しておかないといつ借金を完済できるのか分からず不安が残ります。

月々の収入や支出と照らし合わせて、できる限り細かい部分まで考慮して返済計画を立てておくと良いでしょう

追加で借入を行う際は、その都度改めて返済計画を見直す必要があります。

延滞は大きなリスクがある

返済の期日までにお金を返せないことを延滞と言います。

個人間のお金の貸し借りであれば、約束の期日までに返せなくてもある程度多めに見てもらえるかもしれませんが、企業対個人ではそうもいきません。

延滞は、たった一日でも個人情報機関に記録として残されます

そうすると、住宅ローンや自動車ローンを組む際に不利に働いてしまうため、大きなリスクを抱え込むことになります。

延滞してすぐに対応すれば大事にはなりませんが、放置し続けると金融業者側の対応が段階的に厳しくなり、最終的には法的措置を取られる羽目になります

そうなれば最悪財産差し押さえ、そこまでにはならなくとも周囲に借金の事実は知れ渡ってしまいます。

延滞はそれ自体が大きなリスクであることを理解して借入を行いましょう。

闇金に手を出してはいけない理由

消費者金融は国に認可された貸金業者ですが、世の中には認可されないまま違法に貸金業を営んでいる「闇金」と呼ばれる業者が存在します。

闇金は貸金業法を無視し、利用者に対して法外な利息を請求することで利益を得ています。

通常、消費者金融でお金を借りた場合の金利は18パーセントが相場ですが、闇金の場合は10日で50パーセント等の金利を要求してきます。

本来、このような違法な業者には返済の義務はありませんが、闇金側はお金を回収するためであれば手段を選びません。

嫌がらせや脅迫、あらゆる違法な手段を用いてお金を取り戻そうとしてきますから、決して関わってはいけません。

最悪の場合、家族や友人にも被害が及ぶ可能性があります。

闇金の見分け方

闇金は主に、どこからもお金を借りられなくなった多重債務者をターゲットにしています。

そのため、ダイレクトメールや広告には「ブラックでもOK」や「即日融資」等のうたい文句を多用します。

このような怪しい文句を見かけたら、まず闇金であると疑ったほうが無難です。

確信が持てない場合は、貸金業者それぞれに与えられている登録番号を調べるのが最も確実です

きちんと認可された金融業者であれば正規の登録番号が存在しますが、違法に営業を行っている闇金には登録番号がありません。

登録番号があったとしてもそれは詐称であり、インターネットを使えば即座に分かります。

まとめ

はじめてキャッシングを行う人にとって、お金を借りるという事はどうしても不安がつきものです。

しかし、実際はそれほど難しいことはなく、きちんとした知識さえ持っていればキャッシングは便利なものです。

重要なのは、借入前にきちんと返済計画を立てることと、ダラダラ借入し続けずきちんと完済を目標に返済を行うことです

また、優良な一般市民を狙った闇金業者に騙されないよう十分注意する必要があります。

必要な時に必要なぶんだけを借り、それをきちんと完済できたなら、それは借り得と言えるのです