お金を借りる

消費者金融でお金を借りる時に知っておくべき3つのポイント

もし、どうしてもお金が必要で消費者金融にお金を借りなくてはいけない場合があるかもしれません。消費者金融ではなくて、銀行のローンで借りたほうが金利が安いのですが、その分手続きなどで時間がかかり、今すぐ必要という場合には対応することが出来ないです。しかし、消費者金融は即日融資というのもあるので、今すぐどうしてもという場合は本当に便利です。

しかし、便利な分気をつけなければいけないところもたくさんあります。消費者金融は簡単にお金が借りられてしまう分お金を借りるという感覚が麻痺してしまい、一度使ったら使う事に慣れて何回も借りてしまうという事になりやすいです。さらに、どうしてもという場合ではなくて、簡単に借りてしまいがちです。そして、借金がだんだん膨れ上がってしまい利子で気がついたら大きな借金にという事になりかねないです。
また、中小消費者の中にはヤミ金化しているところもあるので、もし借りるなら大手の消費者金融に借りることをおすすめします。

このように気がついたら借金地獄にならないように気をつけるためには、本当に今お金を借り入れする必要があるかを一度考えてみることです。そして、借りる時にどうやって返済していくのかをきちんと計画を立てて、自分の収入とも比較しておくと良いです。また、借り入れする、キャッシング会社の件数は少なくすることも大事です。そして、限度額を低めに設定して、契約書、領収書の交付を受けてよく読んできちんと保管しておくことが必要です。他に、自分にあったキャッシングを選ぶ事も大事なので、たくさんある消費者金融を比べてみると良いです。

また、即日融資可能というところもあり、すごく便利なのですが、実際には無条件で即日融資可能というわけではないです。特に銀行のインターネット申し込みは、細かい条件を設定してあるので、即日融資の条件を良く読んでから借り入れすることが大事です。やはり、お金を借りるのだから、自分がどれだけの返済能力を持っているのを確認しておいた方が良いです。きちんと返済さえすればいざというときにとても役にたつので考えてから借り入れをすることをオススメします。

 

消費者金融で借りる時に事前に知っておきたいこと

この使い勝手の良い消費者金融ですが、事前に知っておくべき事があります。それを知らないまま申込などをする事で、失敗をしてしまうリスクもあるためです。

 

消費者金融で借りる時に事前に知っておきたいこと-ポイント1

 

まずは、消費者金融での審査が不安だからと言って、予め複数社に申込だけしておいて保険をかけるというのはやめましょう。一見良いやり方に見えるのですが、連続した消費者金融への申込というのは、経済状況が悪く返済能力がないと見なされる要因になります。そうなってしまうと、審査で不利になり、しばらくの間どのローンにも通らないなんていう事になってしまう危険性が高いです。

 

消費者金融で借りる時に事前に知っておきたいこと-ポイント2

次に、消費者金融への申込で、他社の借入の金額を誤摩化すなどの嘘の申告は絶対にやめましょう。そういった情報というのは違う会社の間でも共有されるものとなります。なので、わからないだろうと思って嘘をついても、絶対にバレ審査に不利になります。

 

消費者金融で借りる時に事前に知っておきたいこと-ポイント3

また、審査にも無事通りいざ借入となった時の注意点についても述べておきたいと思います。多くの人が最初は借り過ぎに注意をします。最初は緊張感をもって借入をしているのですが、慣れてくるとだんだんと自分のお金をキャッシュカードで引き出すような感覚で、気軽に借入をするようになります。その結果、利息のついた返済を行う事ができずに困るという事態になってしまう危険性があります。

 

これらの3つのポイントを知っておけば、消費者金融でお金を借りたいと思ったときに、失敗をしてしまう事はほとんどなくなり、快適に借入をする事ができるようになるでしょう。消費者金融での借入をご予定なさっている方は、皆さんどうぞここで紹介をした3つのポイントに注意をしてみるようにしてください。

 

消費者金融の利息について

それでは、消費者での利息はどのくらいなのでしょうか。これが、まず知っておくべきポイントです。だいたい消費者金融から借りるときの利息は18%であると考えておけば間違いありません。

いわゆるキャッシングの利息はそのくらいです。これは貸金業法で認められた上限となっている利息ですが、かつてはこれよりも高い「グレーゾーン金利」で貸し付けられておりましたから、それに比べれば随分下がったというのが実情です。

どのような属性の人が審査に通るのか?

どのような人であれば審査に通るのでしょうか。これは、定職があって、定期的な収入がある人でなければ通らないと考えておけば間違いありません。借金を返すわけですから、収入がなければ返せるはずがないからです。公務員などであれば、最も貸してくれやすい職種ということになります。アルバイトなどはちょっと厳しいですが、それでも一年くらい同じところに勤めているのであれば、借りれる可能性もないではありません。

 

審査については、お試し審査といいまして、消費者金融のホームページ上でいくつか情報を入力するだけで、だいたいの審査結果を教えてくれるサービスがありますから、まずはそこで調べてみてはいかがでしょうか。

限度額はどれくらい借りられるのか?

最後に、上限としてどのくらい借りられるのかということも、知っておくべきポイントと思われます。これは総量規制が2010年に設けられ、年収の三分の一までしか消費者金融は貸し付けてはならないということになりました。もっとも、最初に設定される限度額は、もう少し低いラインに落ち着きますから、これから初めて借りるという人にはそんなに関係ありません。